枕草子 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.65
  • (14)
  • (14)
  • (33)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 241
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003001615

作品紹介・あらすじ

冷静で細やかな観察、才気煥発な筆致によって、わが国随筆文学を代表する一書として、本書はあまりにも有名である。一段一段の文章から、平安時代の生活と感覚の具体相を、万華鏡を見るようにうかがい知ることができ、また筆者と中宮定子との美しい魂の触れあいが、この草子の文学的香気をいっそう高めている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『枕草子』の伝本は大きく分けて4種類の系統があり、本書「岩波文庫版『枕草子』」は、三巻本系統・柳原紀光自筆本を底本にした『日本古典文学大系19 枕草子』をベースにしている。

    中味は原文に脚注を加えただけのシンプルなもので、章段ごとの解釈や説明用の挿絵、それに現代語訳は付いてない。また、他の系統本と異なっている箇所を本文の後に「校異」としてまとめてはいるのだが、省略されている部分もあるので完璧ではない。

    本文のみで現代語訳を付けないのは、岩波文庫から出版されている他の日本古典と同様に、シンプルさをコンセプトとしているのだろう。これに、いきなりチャレンジするのは困難な感じもするが、三巻本の現代語訳はネット上にも公開されているので、それを参考にしながら読み進めるのも可。より古典に馴染もうとするならば、古語辞典を頼りに読み進めるという方法も選べるし、岩波文庫をチョイスする意味はココにある。

    この本は、読み返すたびに味わいが増してくる。その理由は、三巻本の原文の文字に極力手を加えていないところにある。漢字に置き換えたほうがよいと判断されたものびはルビがつけられているので、仮名文字で記された文章の美しさやリズムが伝わってくるのだ。ビギナーにはちと難しいが、通読経験者が読み返して、原文の雰囲気に触れるのには最もフィットする一冊だろう。

  • 大学受験用に買ったんだけど、殆ど読まなかったなぁ。
    結局、橋本治の桃尻語訳を丸暗記して受験に挑みましたとさ。


  • 風流です。風流。。
    思ってることはさほど、現代と変わらない。
    お話聞いてるとき、イケメンがいい!!

    やっぱり有名な四季のお話?が好きです。
    秋は夕暮れ、、、が1番好き

    清少納言も、紫式部も選べない

  • 清少納言は才女すぎる。確かに,物を見る目は的確だ。1しかし,その目はあくまで若く自信に満ちた者の目だ。
     例えば,第8段で生昌が清少納言にやっつけられる。が,若くて才能があってプライドの高い女性とうだつの上がらない中年の役人だったら,後者の方が感情移入しやすい人が多いはずだ。人生のつらさを経た価値観は,弱者へのいたわりのある目だから。

  • 枕草子好き過ぎてコレクション的な感じで買ってしまった。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003001613
    ── 清少納言《枕草子 09‥ 19621016 岩波文庫》P282
     
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C0%B6%BE%AF%C7%BC%B8%C0
    …… ただに過ぐるもの 帆かけたる舟。人の齢。春、夏、秋。冬。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060116 出帆記 ~ 勇気ある人々 ~
     

  •  対訳があるとそっちばかり読んでしまうので、ゆっくり原文を味わって読んでみようと購入。
     毎日少しずつ読んでいくつもり。

    春はあけぼの

     この時代に、炭を使っていた事がわかる。冬の朝起きて、いそいで火をおこすのは、朝起きてすぐストーブをつける現代人と同じ。

    頃は

     一年中同じように素晴らしいと言っているのだろうか。抜けている二月、六月、十月は駄目と暗に言っているのだろうか。それともこの時代にはこの三つの月は無かったのだろうか?

     この時代に暦はどのように発表され、清少納言はどのようにそれを知ったのだろうか。

    正月一日は

     一日はとあるが、一日、七日、八日、十五日について記述がある。この頃から七草の習慣があったとわかる。粥を炊くのに使った木(燃えさしということだろうか?)で女の尻を打つ習慣があったようである(すると子供を授かる、という事らしい)結婚して間もない姫君が、屋敷の者?に打たれて顔を赤らめている様などは、確かにほほえましい。もちろんきつく打つのではないのだろう。今は絶えて、商売の種にもならない。

    三月三日は

     桜の枝を折って花瓶にさしたとある。この時代の花瓶とは、どんな物だったのだろう。下記のURLによると、平安時代の焼き物は緑や白の単色だったらしい。焼き物を手にする事ができた人はどの位いたのだろうか。

     http://www.liqun123.com/menu1-3.html

  • 暗記してたはずの、有名な一説がうろ覚えな自分に気付き、購入。
    あらためて、学生の頃ではなく、今の自分で読み返すと、あの頃には
    気付けなかったような感覚的な共感や、感動を憶える。

    願わくば、学生時代に、もっともっとそれらのことを素直に気付けていたのならば、と悔やんだりも、しつつ。

  • 初めから対訳なしは理解できずに、序盤で断念。講談社学術文庫版を買いなおしました。

  • 清少納言の漢詩(もしくは中国文化)への造詣の深さを感じさせる「香炉峰の雪」が自分には興味深かった記憶がある。
    中学生の時に、第一段を暗唱させられたなあ。

全24件中 1 - 10件を表示

枕草子 (岩波文庫)のその他の作品

枕草子の詳細を見る 単行本 枕草子 清少納言
枕草子 (学灯文庫)の詳細を見る 文庫 枕草子 (学灯文庫) 清少納言

清少納言の作品

枕草子 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする