金槐和歌集 (岩波文庫)

著者 : 源実朝
  • 岩波書店 (1963年1月1日発売)
3.43
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003010310

作品紹介・あらすじ

装丁 : 和装

金槐和歌集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今の自分が桜より梅のほうが好きなので梅を詠んだ歌に共感を覚える。

  •  

     
    (20141231)
     

  • 歌集は雑部に限る。
    …って思うのは百人一首に入選してる歌が雑部に入ってるのもあるかも。
    「この世は憂いなぁ」って実朝が憂鬱そうにしてるのが読みたくて借りてきたせい。

  • しら雪のふるの山なる杉村のすぐる程なきとしのくれかな

  • 源実朝が残した有名な歌集。みずみずしい感性で読んだ名歌が多数あり。

  • 復刊万歳!

全6件中 1 - 6件を表示

金槐和歌集 (岩波文庫)のその他の作品

金槐和歌集の詳細を見る 金槐和歌集 源実朝
金槐和歌集の詳細を見る 金槐和歌集 源実朝
金槐和歌集の詳細を見る 金槐和歌集 源実朝

源実朝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
ウィトゲンシュタ...
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

金槐和歌集 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする