神皇正統記 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.82
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003011614

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 南北朝の動乱のさなか、南朝の重鎮北畠親房は、天皇家の歴史とそれに伴う過去の政治形態を論述して、南朝の正統性と、君主のあるべき姿を説こうとした。大きな歴史の流れの中で滅びゆく側に立つという立場上の制約を受けながら、しかしその記述には立場を超えた公正さがある。『愚管抄』と並び中世を代表する史論といわれる。

  • この書籍は、同種類の「古事記」や「日本書紀」などの歴史書とは多少内容や分類方法が違います。
     その点を挙げると、神話や空想は省いていますし、各章と言いますが、「神代」「天皇」などの分類方法はとらず、天地人の三部に分かれていて、なおかつそれぞれが「天」は「神代」から「第二十九代天皇 宣化天皇」まで、「地」は「第三十代天皇 欽明天皇」から「第七十三代天皇 堀川院」まで、「人」は「第七十四代天皇 鳥羽院」から「第九十六代天皇 後村上天皇」までを間を開かずに記述されています。記述した人が南朝の重鎮の「北畠親房」なので、南朝の天皇重視北朝の天皇軽視している可能性がありますが、その点を除外すればいいです。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(佐藤優選)85
    歴史についての知識で、未来への指針を探る
    戦前・戦中に誤読されたテキスト。冒頭の「大日本者神國也(おおやまとはかみのくになり)」という言葉に日本の国家原理が凝縮されている。

  • 815夜

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003011619
    ── 北畠 親房/岩佐 正・校注《神皇正統記 19751117 岩波文庫》197501‥-19970317
     
    (20100227)
     

  • オノゴロ島=宝山=葛城山。

全7件中 1 - 7件を表示

神皇正統記 (岩波文庫)のその他の作品

神皇正統記の詳細を見る 神皇正統記 岩佐正
神皇正統記の詳細を見る 神皇正統記 岩佐正
神皇正統記の詳細を見る 神皇正統記 岩佐正

岩佐正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ハーマン・メルヴ...
マックス ウェー...
ヴィクトール・E...
オルテガ・イ ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

神皇正統記 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする