太平記(二) (岩波文庫)

  • 27人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 兵藤 裕己 
  • 岩波書店 (2014年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (566ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003014325

作品紹介

元弘三年(一三三三)、後醍醐帝の綸旨を得た、足利尊氏は北条氏追討の兵を挙げる。新田義貞・赤松円心らが加わった倒幕軍は、北条高時以下を自害に追い込み、鎌倉幕府は滅亡した。だが、建武新政権内部の矛盾と軋轢から、尊氏は叛旗を翻す。

太平記(二) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 買ってはいるけど読めてない

  • 負けた北条氏なんかがずいぶん腹切りするんだけど、いつぐらいからある風習なんですかね。

  •  

     
    (20141231)
     

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

太平記(二) (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする