西洋紀聞 (岩波文庫 黄 212-3)

  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003021231

作品紹介・あらすじ

初版昭和11

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は新井白石が、宝永年間(18世紀初頭)に日本にやってきたジュアン・シドッチ(本文ではヨワン・シロウテ)を尋問し、彼から得られた知識を綴ったものであるが、幕府の秘密資料として明治になるまで公刊されることはなかった。上巻では尋問の経緯等が記され、中巻では主として世界の様子が語られる。日本は当時、鎖国下にあったが、オランダからのいわゆる「風説書」によって、世界情勢を把握していたし、地球が球体であることなども認知していた。下巻では各国の軍事、また相当に踏み込んだキリスト教に関する考え方などにも触れている。
     なお、付録資料も当時のキリシタン資料として貴重なものを併録している。

  • (要チラ見!)/文庫

  • キリスト教は自らの正しさを前提として論を繰り出しますが、関係のない白石は、当たり前のように論破します。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

江戸儒学者

「2015年 『蝦夷志 南島志』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西洋紀聞 (岩波文庫 黄 212-3)のその他の作品

西洋紀聞 (東洋文庫) オンデマンド (ペーパーバック) 西洋紀聞 (東洋文庫) 新井白石

新井白石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ニッコロ マキア...
A. アインシュ...
ヴィクトール・E...
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする