日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)

著者 :
制作 : 頼 成一  頼 惟勤 
  • 岩波書店
3.43
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003023112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 熱い本である。忠義に生き死んだ者を称え、才もなく一族の衰退を招いた者を冷眼する、分かりやすい本である。天皇を絶対視して忠義の士を称賛するけれども、私個人としては、報われることなく奮闘を続ける、その殊勝な心に同情していたというのが正しい。主として武士の生き様が描写されているから、いずれの人物も旺盛に生きているが、その命運が傾くのはやはり悲しみを催す。無常だ。

  •  
    ── 頼 山陽/頼 成一&頼 惟勤・訳《日本外史(上)19760916 岩波文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003023110
     
    http://1000ya.isis.ne.jp/0319.html 松岡正剛の千夜千冊
     
    (20141105)
     

  • 漢語的で平安古文より頗る読みやすい上に登場人物に躍動感が味わえる。
    上巻は、平氏・源氏・北条氏・楠氏・新田氏を描く。

  • 319夜

  • 1995.12.16

  • 江戸末期、尊王攘夷の教科書でしたからね。読んどかないと・・・ムズイ・・・

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

(らいさんよう)序文

「2015年 『演義 三国志図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

頼山陽の作品

日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする