歌舞伎十八番の内 勧進帳 (岩波文庫 黄 256-2)

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003025628

作品紹介・あらすじ

山伏姿に身を変え奥州へ落ちゆく義経主従。その前に安宅の関が立ちふさがる。関守富樫の厳しい詮議と追及。弁慶がこれを大胆不敵に退け、一行は辛くも虎口を逃れる。市川海老蔵(七代目団十郎)天保十一年初演の演目を、明治の「劇聖」九代目団十郎が端正な一幕劇として昇華させ今に伝わる、歌舞伎十八番屈指の傑作狂言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小樽商科大学附属図書館蔵書検索OPAC
    https://webopac.ih.otaru-uc.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB10301123

    物語は源義経一行が平泉へ向かう道中にて、関所で一芝居を打つ弁慶に涙する名場面。テレビでも放映され、上演回数の非常に多い人気演目である勧進帳の台本が、語釈や解説と共に僅か145頁に。衣装の布地に化粧や鬘、役者の所作に至るまで詳細に記された注を読めば理解も深まり、更に台詞を音読すれば気分はまるで役者のよう。これも岩波文庫の面白さです。

  • 本文より、細かい注釈がすごい。演出メモ付の台本を読んでいるよう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

郡司正勝(ぐんじ まさかつ)
1913年北海道生まれ。旅まわりの一座が来ていたころの薄野で育つ。早稲田大学名誉教授。歌舞伎研究に新しい地平を開き、様式美の究明に成果をのこした。五世坂東玉三郎の当たり役「桜姫東文章」など南北作品の復活上演や、監修、演出への功績でも知られる。1998年逝去。著書に『おどりの美学』『かぶきの美学』『童子考』『郡司正勝刪定集』(全6巻)ほか多数。

「2016年 『鶴屋南北 かぶきが生んだ無教養の表現主義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

郡司正勝の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×