耳嚢〈上〉 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.45
  • (7)
  • (3)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003026113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸時代、檀家制度などで宗教の力が著しく後退したころにささやかれた、噂話集。どこから読んでも面白い。一応、「女中がヘアメイク中侵入した泥棒に会って叫んだついでに顎が外れた」話とか、狂歌の話も入っているが、非人に風の神の格好をさせて追い払う儀礼、呪詛の人形を拾ったために不幸になった人の話、なども収録。
     風呂屋の番台である渡辺喜三郎(狂歌の世界で有名)が、呪詛の名所だったらしい近所の稲荷神社へ行って、呪いの人形へツッコミの歌を張り続けたところ、調伏の儀礼がやんだという興味深い話がある。

  • とにかく面白く興味深い.おすすめ.

  • お奉行様のかいたものとは思えないほどおもしろい

  • 「私の一押しは、江戸の随筆の白眉、根岸鎮衛『耳嚢』(岩波文庫)です。今まで「小さい・高い・とっつきにくい」三重苦の東洋文庫でしか読めなかった。隠居した奉行所の役人が、市井の噂から政治の話までごちゃごちゃと書いてます。一つの話が一ページとかせいぜい二、三ページだから、どこからでも読み散らかせますよ。『通勤の友』にぴったりじゃないかな」
    「『文庫』の大航海。」(杉浦日向子+佐高信)
    『日本人の死角』(徳間書店、1993.9.30所収)

  • お化けの話は意外と少ないです。その代り多いのが下ネタ。チンチンが大きい男を主人公にして悲話をつづる、中々の技です。

  • おもしろすぎる。

  • これは、面白い。
    「候文」が、ちょいっと問題。

  • 黄261-1

全10件中 1 - 10件を表示

根岸鎮衛の作品

耳嚢〈上〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする