鼠小僧 (岩波文庫 黄 263-3)

  • 岩波書店 (1928年5月15日発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003026335

鼠小僧 (岩波文庫 黄 263-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鼠小僧こと稲葉幸蔵(次郎吉)は、義に悖るものに対して盗みを行う天下の大泥棒。元は天保年間に実在した大泥棒・鼠小僧次郎吉が題材らしい。
    次郎吉は困った人を見つけては放っておけないのだが、その性格が仇となり、ひょんな一件の盗みが大変な騒動を巻き起こす。
    幕ごとに多くの人物が登場するが、読み進めていくと見事なまでに繋がってくるので、それはお楽しみに。

    次郎吉と松山親子の再開の場面、終盤の彌十郎裁きは名場面で名高い。

全1件中 1 - 1件を表示

河竹黙阿弥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンリ ベルクソ...
ポーリーヌ・レア...
有効な右矢印 無効な右矢印

鼠小僧 (岩波文庫 黄 263-3)はこんな本です

ツイートする