橘曙覧全歌集 (岩波文庫)

著者 : 橘曙覧
制作 : 水島 直文  橋本 政宣 
  • 岩波書店 (1999年7月16日発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003027417

作品紹介

「独楽吟」の連作で知られる幕末の歌人・国学者、橘曙覧(1812‐68)は、清貧の暮らしの中から、生活・社会・自然を自由奔放に詠み、近代短歌の先駆として高い評価をうけている。遺稿集『志濃夫廼舎歌集』と拾遺すべてを収める。付・索引。

橘曙覧全歌集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供の教科書で初めて知った国文学者。
    昔の人が私たちと同じ感性を持って暮らしていたことを思いうれしかった。

    たのしみは 妻子むつまじく うちつどひ 貸しら並べて ものをくふ時

    たのしみは 朝おきいでて 昨日まで 無かりし花の 咲ける見る時

    たのしみは わらは墨する かたはらに 筆の運びを 思ひをる時

  • 月かげをふむふむ歩む川ぞひの道は帰さもいそぐものかは

  • 「たのしみは・・・」ではじまる「独楽吟」を含む歌集。たまに開いて見ると、そのたびにおもしろい歌に出会う。

全5件中 1 - 5件を表示

橘曙覧の作品

橘曙覧全歌集 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする