渋江抽斎 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.53
  • (12)
  • (12)
  • (38)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 210
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003100585

作品紹介・あらすじ

渋江抽斎(1805‐58)は弘前の医官で考証学者であった。「武鑑」収集の途上で抽斎の名に遭遇し、心を惹かれた鴎外は、その事跡から交友関係、趣味、性格、家庭生活、子孫、親戚にいたるまでを克明に調べ、生きいきと描きだす。抽斎への熱い思いを淡々と記す鴎外の文章は見事というほかない。鴎外史伝ものの代表作。改版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まず漢語を中心とした圧倒的な語彙力に憧れる。伝記としては訥々と事実を述べていて劇的な展開はないが、その分幕末の武家、明治の士族華族の暮らしぶりや考え方がリアルに伝わりとても良かった。つい100年程前なんだなと思うと胸いっぱい。

  • 岩波文庫緑

    森鷗外 「 渋江抽斎 」 医者であり、官吏であり、読書家であった渋江抽斎の史伝。


    鷗外が 抽斎を リスペクトしすぎ。抽斎が人格者すぎる。逆に 虚構的で 小説的だが


    対照的に 抽斎の4番目の妻 五百(いお)や 抽斎と交友のある人々が 生き生きと描かれていて 面白い。


    鷗外の抽斎像
    *心を潜めて 古代の医書を読むことが好き
    *技をうろうという念がない〜知行よりほかの収入はなかった
    *金は「書を購う」と「客を養う」ことに費やした
    *詩に貧を問いている
    *抽斎は 人の寸長も見逃さず、保護をして、瑕疵を忘れる


    史伝の題材としての抽斎=抽斎に因縁を感じる鷗外
    *抽斎は 医者であり、官吏であり、読書家であり、鷗外と相似
    *抽斎は かって わたくしと同じ道を歩いた人である〜抽斎は 優れた健脚を持っていた〜畏敬すべき存在
    *抽斎は 古い武鑑を求めた〜抽斎がわたくしのコンタンポランであったなら〜二人の袖は〜摩れ合ったはず〜親愛すべき存在

    抽斎の自戒=人はその地位に安んじていなくてはならない




  • 著者:森鴎外(1862-1922、島根県津和野町、小説家)

  • 2018.4.8 読了

  • 須賀敦子の愛読書と知って読んだ。一読してその面白さにはまり、直ぐに再読した。幕末江戸の直参医師を中心に、今はなき江戸の心情と文化を淡々と描きながら、その美学を蘇らせ、愛惜する。主人公は狂言回しで、その周りの人々が生き生きと描かれる。中でも、後妻の五百が、秀逸。龍馬のお龍さんに匹敵する。鴎外の史伝の筆法を現代に蘇らせたのが須賀敦子だと言える。

  • 五百がかっこよすぎる。

  • 歴史長編。読むのには難解かもしれない。
    渋江抽斎は医者で物書き。鷗外と同じ経歴を持つ人で、だからこの人を選んだのかと納得してしまった。

  • 再読。鴎外の歴史ものとしてはかなりの長編、石川淳は最高傑作と絶賛していたけれど、小説として読むにはやや退屈。小説ではなく史伝だと思えば確かに最高傑作かも。

  • ひたっ…すら、渋江氏とその家族についての経歴を書き連ねた作品。はぁ、退屈だった汗 もう、何度か挫折しかけた。多分、鴎外的には、渋江氏をリスペクトするあまり、「この人の自伝を残せるのは俺だけだ!(じゃないと歴史に埋もれて今後の世に名を遺せないから)」と、ひたすらマニアックな萌を発露させてしまったのだろうなー、
    それにしても、個人の(あるいは
    知人数名の)力だけでよく、そこまで微細に昔の人の人生を調べあげたね…。渋江氏の熱狂的ファンて、昔もこれからも森鴎外ただひとりだろうに。
    鴎外的には、読書中、たまたま歴史の本の編纂に関わった渋江チュウサイとかいう人が、自分と同じ医者でなおかつ文芸好きだったってとこに、このうえなくシンパシー☆ミだったぽい。
    ま、とにかく無駄に(ごめん)長いのと退屈なので再読はおそらくなしです。はい。

  • 名文。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1862-1922年。小説家、評論家、翻訳家。本名は森林太郎。陸軍軍医として最高位を極める一方で、旺盛な文筆活動を展開し、晩年は歴史小説、さらに史伝に転じた。1917年から没するまで帝室博物館総長兼宮内省図書頭を務め、歴代天皇の諡号(おくりな)の出典を考証した『帝謚考』(1921年)を刊行。主な著作に『舞姫』(1890年)、『高瀬舟』(1916年)など。

「2019年 『元号通覧』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渋江抽斎 (岩波文庫)のその他の作品

森鴎外の作品

渋江抽斎 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする