それから (岩波文庫)

著者 : 夏目漱石
  • 岩波書店 (1989年11月16日発売)
3.69
  • (63)
  • (62)
  • (129)
  • (3)
  • (3)
  • 550人登録
  • 79レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003101070

それから (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1909年(明治42年)。
    国語の教科書のイメージが先行しているせいか、文豪作品は優等生的で退屈と思われがちだが、読んでみると必ずしもそうではない。最初こそ文体が堅苦しく感じられるかもしれないが、慣れてしまえば大したことはない。というか文体に慣れてしまえば、実はいわゆる古典的名作こそ、その中身は反社会的で、病的で、自意識過剰で、ひねくれていて、だからこそ面白い、ということに気づく。むしろ、書店で平積みにされているベストセラー本の方が、文体がくだけていて読みやすいというだけで、中身は「仲間を大切にしよう」「努力することは素晴らしい」「成功こそ人生」など、教科書以上に教科書的な内容だったりする。

    『それから』はというと、そういう「友情・努力・勝利」といった前向きな価値観に対し、徹底的にノーという小説である。まず、主人公・長井代助の設定が「大学を卒業しているのに定職に就いていない30男」であり、高等遊民というと聞こえがいいが要するにニートである。金がなくなれば実家にもらいに行き、親から説教されてものらりくらりとかわすだけで、世間の価値観に染まらない自分こそ上等な人間であると内心誇りに思っている。のみならず、実業家としてがつがつした生活を送り、かつ、がつがつすることこそ成功者の証と信じて疑わない父親のことを、心の貧しい気の毒な人間だと考えている。当然、そんな了見で一生やっていけるはずもなく、やがて親友の妻・三千代と道ならぬ恋におち、父親から勘当され生活費の支給が途絶えて、軽蔑していた社会に孤立無援で出ていかざるを得なくなる。

    この反道徳的な小説が、明治42年の朝日新聞に連載されて人気を博していたという。今よりもはるかに同調圧力の強い時代に、よくこんな脱力系の小説が受け入れられたものだと感心する。年代的には、日露戦争の記憶も生々しく、日韓併合を目前に控えたマッチョな時代だったはずだが、光が強ければそれだけ影も濃くなるということだろうか。富国強兵が国是の時代にあって、少なくとも朝日新聞を読んでいた人々の間には、精神の均衡を保とうとする本能が無意識のうちに働いたのかもしれない。

    「何故働かないって、そりゃ僕が悪いんじゃない。つまり世の中が悪いのだ。もっと、大袈裟にいうと、日本対西洋の関係が駄目だから働かないのだ。」

    「日本は西洋から借金でもしなければ、到底立ち行かない国だ。それでいて、一等国をもって任じている。そうして、無理にも一等国の仲間入りをしようとする。だから、あらゆる方面に向って、奥行を削って、一等国だけの間口を張っちまった。なまじい張れるから、なお悲惨なものだ。牛と競争をする蛙と同じ事で、もう君、腹が裂けるよ。」

    「こう西洋の圧迫を受けている国民は、頭に余裕がないから、碌な仕事はできない。悉く切り詰めた教育で、そうして目の廻るほどこき使われるから、揃って神経衰弱になっちまう。話をして見給え大抵は馬鹿だから。自分の事と、自分の今日の、ただ今の事より外に、何も考えてやしない。考えられないほど疲労しているんだから仕方がない。」

    「日本国中どこを見渡したって、輝いている断面は一寸四方もないじゃないか。悉く暗黒だ。その間に立って僕一人が、何といったって、何をしたって、仕様がないさ。」

    『それから』より100年後の私達は、代助が働かない理由を、負け犬の遠吠えだと笑いとばすことができるだろうか。ともかくも、漱石に端を発する近代以降の日本文学が、進歩思想に対する徹底的な懐疑とともに始まったという事実は、記憶しておいていい。

  • 「自然」でありたいと希望し、近代の論理に抗って三千代を選ぶ代助。しかし、後半の代助の心の動きは「自然」ではないように感じるところがある。柄谷行人はそれは姦通を扱ったから、無意識の発露であるからという。漱石は「拙」であっても「自然」であることを目指していたが、むしろ「自然」であるためには「拙」になってしまうのかもしれない。中世に戻りつつある現代において漱石を読む意味はこの辺りにあるのか。

  • 資料ID:C0016011
    配架場所:2F文庫書架

  • ふらふらしている高等遊民の主人公の生活を淡々と描いていた中盤までから一転、終盤では各人の感情がぶつかり合う。
    その落差が見事。
    「あんまりだわ」には心臓を鷲掴みされた。
    これは私の恋愛の台詞ベストに入りそう…。
    容赦のない結末も良い。
    「三四郎」に続く初期三部作の一作だけれど、個人的には「三四郎」より断然好み。

  • 高等遊民のような暮らしをする代助が主人公。友人への義侠心から当時好きだった三千代への想いを断ち切る代助。数年後、三千代と友人の間に愛がないことを知った代助は三千代を取り戻そうとする過程が書かれる。

    個人的には代助の仕事への考え方に驚く。社会に流されることなく自己本来の活動を自己本来の目的とする、ニートにドキッとするようなことを言われた…

  • 朝日の連載終了。読むのは25年振りぐらいなのかな。大した内容では無いんだけど、まぁ、興味を持って読めた。ストーリーは遅々として進まないけど当時の社会状況に対する漱石の皮肉とかユーモアを、頭でっかち高等遊民の主人公に語らせている部分が興味深い。相変わらず、現代にも通じるような箇所も多く、人間大して変わって居ないなと、感じた。

  • 再読!

  • 漱石前期三部作の第二作。
    自他共に認める、高等遊民である主人公代助の親友の妻を愛してしまうことによって、実社会に落とし入れられていくまでを描く、漱石による愛の物語。

    まず、代助が高等遊民を自称名乗るに当たり、それに合わせて描かれる高等遊民らしい描写に圧倒されるだろう。
    特に漱石の他作品(特に初期作品)を読んだことがある人なら、彼の幅の広さを感ぜられる。
    漱石自身が持つ百面相とも言える、作品毎の表情の変化は、それだけで読むに値するのかもしれない。

    漱石は文学論上半自然主義派の余裕派に分類される作家であるが、この「それから」内では余裕を感じつつも、自然主義的要素が所々に見ることができる。(あくまで私の主観であることをあしからず笑)

    「三四郎」の痛快さを継承しつつも、さらに人間心理の描写を緻密に表現し、比較的暗い作品という印象を受けた。

    ちょっと読むには若すぎたかもしれない。代助と同じ年頃になった時に読み直してみたい。
    そしてその際の自分の感想が楽しみである。笑

  • 漱石の長編小説の中では一番好きな作品。

  • ニートが不倫する話、というだけではない。だけどうまく表現できないこの気持ちは何でしょうね……。

全79件中 1 - 10件を表示

それから (岩波文庫)のその他の作品

それから (旺文社文庫) 文庫 それから (旺文社文庫) 夏目漱石
それからの詳細を見る それから 夏目漱石

夏目漱石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏目 漱石
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
フランツ・カフカ
夏目 漱石
夏目 漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

それから (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする