彼岸過迄 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (14)
  • (23)
  • (35)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 182
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003101094

作品紹介・あらすじ

いくつかの短篇を連ねることで一篇の長篇を構成するという漱石年来の方法を具体化した作品。中心をなすのは須永と千代子の物語だが、ライヴァルの高木に対する須永の嫉妬の情念を漱石は比類ない深さにまで掘り下げることに成功している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「『彼岸過迄』というのは元日から始めて、彼岸過まで書く予定だから単にそう名づけたまでに過ぎない実は空しい標題である。」
    そんな由来だったとは。漱石後期三部作、その一。

    まず登場するのが敬太郎。冒険を夢見るロマンティストでありながら、実際は大学を出て職も見つからず汲々としている青年である。物語の前半はどちらかというと軽妙な筆致で、敬太郎を中心とする人間模様が描かれる。謎めいた隣人に探偵ごっこにと、読者を楽しませるようなエピソードが目立つ。
    ところが後半になると雰囲気は一変する。敬太郎が主人公なのかとおもいきや、今度は彼の友人である須永の存在が物語の全面に出張ってくる。従妹の千代子との恋愛を通して須永の内面が赤裸々に吐露されるのだ。「須永の話」における彼の告白は痛々しいほどであり、『行人』の一郎に繋がる一本の道筋を予感させる。『人間の頭は思ったより堅固に出来ているもんですね、実は僕自身も怖くって堪らないんですが、不思議にまだ壊れません、この様子ならまだ当分は使えるでしょう 』須永に共感できる自分が怖くって堪らない。

    須永の口から語られる終盤のシリアスな展開に思い切りのめり込んだだけに、振り返ってみると前半の滑稽味はどこか取ってつけたようなものに感じられる。新聞小説ということで色々事情もあったのかもしれないが、終わり方も幾分唐突に過ぎるのではないだろうか。
    構成の点では少しまとまりに欠ける印象も受けたが、後期漱石作品を貫く主題は紛れも無く本書の中に息づいている。

  • 後期三部作の1作目。短編を繋げて長編に仕立て上げるという構想のようだが、全体を通じて一貫する物語がないので消化不良感があった。

  • 資料ID:C0030594
    配架場所:2F文庫書架

  • 2017/01/04

  • 新書文庫

  •  ちょっと不思議な構成の小説。六つの短編・中編(&「結末」)から成る。短編「停留所」では、“主人公”田川敬太郎は、就職先斡旋の相談に訪ねた田口なる男から、奇妙なミッションを命じられる。ある男の行動を探れと命を受け「探偵」行動を行うのだ。この小説いったい何? と苦笑を禁じえなかった。これは田口の悪戯心でもあり、呑気な印象なのである。
    ところが、「須永の話」なる90頁の中編では、空気が一変、陰鬱な印象に転ずる。須永市蔵は、前述敬太郎の友人。この中編では、須永と、従妹・千代子との間の微妙な関係、須永の内面が深く丹念に彫琢される。幼い頃に、いいなずけとして、ゆるやかな約束が交わされた須永と千代子。だが、須永は千代子の思い描く幸福を、自分は実現することは難しいと考え、結婚への判断を保留し続ける。
    つまり須永は、うじうじと煮え切らない。かように単純化しては漱石文学に申し訳ない気もするがやっぱり、須永は千代子に対して煮え切らない。
    そんな須永の内面が、くどいほど丹念に叙述される。

    封建時代が終わり迎えた明治の世に生きる知識人たち。彼らは、近代的自我を獲得したゆえに、頭と心が同一とならず、それゆえに煩悶する。その様相を初めて描いた小説なのだなと思う。

  • 再読!

  • オモシロイ。ほとんど、あだち充さんのマンガの世界です。後半は。
    ほんっとにドキドキものの心理劇、恋愛劇、サスペンス。
    「幼なじみ」、「いいなずけ」、「恋のライバル」、「出生の秘密」…。
    後半は…、なんですけどね。

    ###

    「それから」に引き続いて、久々の、多分25年ぶりくらいの夏目漱石さん。

    夏目漱石さんの長編小説は、どれもこれも昔読んだ時から大好きで、本当に熱狂的に好きだったんです。

    なんですが…。若い頃に読んだ時も、「面白かった順位」で言うと。

    「坊ちゃん」
    「それから」
    「明暗」
    「行人」
    「こころ」

    このあたりまでがトップクラスで。

    「三四郎」
    「道草」
    「草枕」

    そして

    「彼岸過迄」
    「虞美人草」
    「吾輩は猫である」

    あたりは若干、劣る。

    そんな印象がありました。

    なんとなく、そんなことを確認もしたくて、再読。

    作者の漱石さん自身が冒頭で書いてますが、「短編がいくつも並んで長編となる」という作りになっています。
    ①「風呂のあと」
    ②「停留所」
    ③「報告」
    ④「雨の降る日」
    ⑤「須永の話」
    ⑥「松本の話」
    ⑦「結末」

    の、7章。そして、再読してみると。
    簡単に言うと、①~③が面白くない。けっこう、面白くないです。
    そして、④~⑦が面白い。特に、④⑤の2章はもう、キラキラ輝くくらいに面白い。

    ④は、幼い子供が突然病死しちゃった、という家族の話です。
    悲劇です。これを何と言うか、淡々と、という感じです。決して、お涙ちょうだい風になりません。なんだけど、この理不尽な出来事の痛みが、とっても伝わってきます。

    ⑤は恋愛心理劇です。女に恋した男のどろどろした心理です。理性とプライドと恋心と矛盾と嫉妬にみじん切りに切り裂かれる若い男のみっともないココロの七転八倒です。
    それが何とも科学的に解剖されるような語り口で綴られます。何とも深刻で難解で、同時に滑稽でスリリングでたまりません。


    だからまあ…やっぱり前半が面白くないっていうのはケッコウ致命的ですね。
    これはまあ、正直、面白くない。
    やっぱり登場人物の心理に全然のめり込めない。
    これは解説で評論家の人が、「前半が詰まらないと言われるけど、こういう角度で見ると興味深い」というようなことを一生懸命書いている。
    そういうことを書くということは、要するにやっぱり面白くない。
    ただ、文学研究者たるもの「前半は面白くない」ではアマチュアとおんなじだから色々な角度で解説を試みる。
    その解説自体は成程面白いかも知れない。
    しかし言えば言うほど、まあ、つまり前半が面白くないなあ、ということが炙り出てくる。
    つまり、前半が面白くない。

    でも、後半は面白い。だけど、やっぱり話はなんとなく繋がっているので、後半から読むわけにも行かない。しかし前半はなかなか苦痛である。

    と、言う訳なので、やはり「彼岸過迄」を読むのなら、せめて「坊ちゃん」「それから」「行人」「こころ」あたりを読んで、夏目漱石さんの特色とか個性とか語り口に惚れてから、の方が良いんだろうな、と思いました…。





    ############以下、備忘録############

    ①「風呂のあと」
    敬太郎、という、どうやらそこそこの学校を出て、就職口を探している若者がいる。なかなかうまくいかず、焦りながらもぼんやり暮らしている。
    そんなに内向的な性格ではなく、冒険とかロマンを求めているけれど、とにかくまずは働き口がない。
    日常は冒険もロマンもなく、下宿でぶらぶらして、風呂屋に行く。
    風呂屋でいっしょになった、同じ下宿の森本という男とおしゃべりする。
    森本という男は、色んな商売を経て、色んな冒険譚を持っている。
    ところが、その森本はその後、下宿代を払わずにドロンする。

    ②「停留所」
    敬太郎の友達に、須永という男がいる。この須永という男は、まだ大学生である。この当時の大学生ということは、物凄く希少価値だし、今でいう大学院みたいな感じ。
    この須永という男は、裕福な実家らしく、特段に働く気もなく暮らしている、非常に内向的だしブンガク的な気難しい若者である。
    この須永の叔父に田口という中年男性がいて、いろいろ実業で活躍している紳士である。
    敬太郎は就職口を探している。須永は敬太郎に、叔父の田口に頼んでみたら、と紹介する。敬太郎は田口を訪ねてお願いをする。
    そんな敬太郎に、田口は依頼をする。
    「とある日に、とある時間に、とある停留所で降りる、これこれな風体の紳士の後をつけて、探偵してほしい」と…。
    で、敬太郎、それを実行する。
    さて、その紳士を尾行すると、若い淑女と落ち合って、食事をして、帰って行った。

    ③「報告」
    結局で言うと。
    敬太郎が尾行した紳士は、実業家の田口の義兄・松本だった。つまり、田口の親戚。ということはつまり、須永の親戚でもある。
    松本と言うのは、中年のオッサンである。妻もいて子供もいる。そして資産があるのか、ぶらぶら暮らしている。「高等遊民」である。
    そして、その松本と会食していた若い淑女は、実業家の田口の娘であった。
    別段、そこにややこしいスキャンダルはなくって、単なる友好的な親戚の付き合いだった。
    つまるところ、尾行を依頼したのは、実業家の田口の、暇つぶしのいたずらみたいなものだった。
    そして、敬太郎はそんな田口のいたずらの犠牲者になった。その代りに、田口の家に出入りするようになった。そして、それなりの地位の就職口を得た。

    ④「雨の降る日」
    敬太郎は、田口の関係で職を得た。なので、田口の家に出入りしたり、その親戚でもともと友達の、須永の家にも出入りする。
    一族からみのお友達になっていく。
    そこで話をいろいろ聞いていく。そこで、「高等遊民」の中年男・松本のうわさ話を聞く。松本は、須永の叔父にあたる。
    「松本は、かつて雨の日に接客中に、幼い児を突然死で亡くした」という話を聞く。
    なので、松本はその後、雨の日の訪問者を嫌うという。

    ⑤「須永の話」
    須永の一人称。須永と、従姉妹にあたる千代子という女性との、恋愛譚。
    須永は、母一人子一人である。いろいろ内面に鬱屈を抱えたインテリ青年である。
    従姉妹の千代子という若い女性がいる。家族同様に付き合っている。
    実は母は、子供の頃に、「将来、千代子と須永を夫婦に」と、千代子の両親と話した。
    それを須永は知っている。恐らく千代子も知っている。千代子の親も知っている。
    けれども誰も話さない。
    千代子の親からすれば、須永はインテリだが、実業に野望も無い屈折した青年で、決して望ましくないのではないか。と、思っているのではないか。と、須永は思っている。
    須永は、千代子のことは好きだけど、そんなに好きじゃないと思う。
    面倒だから、俗だから、千代子とは結婚したくないと思う。親戚や母にもそういう。だが、千代子には言えない。
    そうなのだけど、千代子の周りに若い男がいる。自分と違い非常に健全な世間性を持っている男がいる。
    そうすると、何だか大変に面白くない。大変に不愉快である。自制心が薄くなる。
    そして、「あなたは卑怯だ」と、とうとう千代子に言われる。千代子と対決する。


    ⑥「松本の話」
    須永と千代子の話・・・というか、須永の話の続きである。
    語り部は、須永の叔父の「高等遊民」である、松本に移る。
    要点で言うと、須永と、須永の母は、実の母子ではない。
    須永の父が、別の女に生ませた子を、実子として育てた。
    父が死に、須永と母は仲が良い。須永は母を大事にしている。
    しかし、須永はあるとき、実子ではないことを知った。内心ぎくしゃくする。
    そんなことが、須永の面倒な屈折の裏にはある。
    須永は大学を卒業前に旅行に行く。行っていろいろ考える。母のことや千代子の事。
    千代子と須永はどうなるのか、分からない。


    ⑦「結末」
    短いエピローグ。
    特段のドラマチックなモノゴトは無い。

  • 敬太郎と須永はなぜつるんでいるのだろうか。

    その点を意識しながらもう一回読んでみよう。

  • 無理やり評価しているような解説は、蛇足。はじめの探偵物語は短編としてももう一つだろうし、前半と後半のつなぎなどはやはりどのように解釈しようとも構成が破綻している。

全25件中 1 - 10件を表示

プロフィール

明治、大正時代の小説家、英文学者。1867年、江戸(東京都)に生まれる。愛媛県松山で教師をしたのち、イギリスに留学。帰国後、執筆活動を始める。『吾輩は猫である』『三四郎』『こころ』など作品多数。

彼岸過迄 (岩波文庫)のその他の作品

彼岸過迄 (新潮文庫) 文庫 彼岸過迄 (新潮文庫) 夏目漱石
彼岸過迄の詳細を見る 彼岸過迄 夏目漱石

夏目漱石の作品

彼岸過迄 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする