俳諧大要 (岩波文庫)

著者 : 正岡子規
  • 岩波書店 (1983年9月16日発売)
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003101377

俳諧大要 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子規の俳論集。

    印象に残ったのは、初心者の質問に答える形で子規が俳句の好悪を論じる一節。
    ここで子規は、学生時代に俳句を始めてからの嗜好の変化(彼はそれを「発達」と呼ぶわけだが)を率直に語っている。始めの頃はいわゆる理屈的の句や気の利いた句を好んでいたというが、句作を続けるうちにそれらが表層的なものであることに気づいたという。逆に率直な感動を写しとること、素直に写生に徹することの良さを悟ったと。

    今まで私には、彼の称揚する写実の句の良さがぴんときていなかった。なんというか……そのまんまやん、と物足りなく感じてしまうのだ。いや、写実なのだからそのまんまなのは当然なのだけれど。私って俳句に向いてないのかしら。なんて思っていたのだが。
    そんな中、本書を読んで一つ発見があった。子規が素人時代に気に入っていたという(彼に言わせると理屈的の)句は素直にいいと思えたのだ。これにはびっくりした。畢竟、どうしても「巧い」句を目標としてしまうのが素人ということだろうか。なんだか俳句「道」の香りがする考えだなぁ。
    とにもかくにも、あの子規も同じ道を通っていたのかと思うと少しほっとしたような心持ちである。続けていくうちに感じ方が変わるということも当然あるわけで、皆が褒める句を無理に良いと思わなくてもいいのだ。そんな当たり前のことを再認識した。

    自分の感性に嘘をつくことなく、楽しく気長にやりますか。

  • 「俳句のために邪念を忘れたるは善し、ゆめ本職を忘るべからず」

  • 「俳句を作ってみよう」と思い立ったときから、
    この本をバイブルにしようと決めた。
    「俳人蕪村」は、今でも新鮮に読める俳論だと確信します。

  • 子規の代表的な俳句論文を集めた文庫。獺祭書屋俳話の抄録などもあったらいいのになとは思うけども、いまので多すぎず少なすぎずかなとも。

全4件中 1 - 4件を表示

正岡子規の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏目 漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

俳諧大要 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする