田舎教師 (岩波文庫 緑 21-2)

  • 44人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 田山花袋
  • 岩波書店 (1980年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003102121

田舎教師 (岩波文庫 緑 21-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文章がきれいなので読後感はいいのだけど、内容はかなりしょうもない話(笑)。それでも多くの人に今日まで支持されるのは、平凡な日本人の青年の心を、繊細に、愛情を込めて描いていて、それが現代の青年の心にも訴えるからなのでしょう。個人的には島崎藤村の作品の方が好き。

  • なんともいえない結末…最初の希望に満ちていたときは情景描写などが色鮮やかにされていたが、清三が病気にかかってからは、なんだか色みが無く、灰色な感じがする、

  • 変えられない現実の中で平凡に暮らすことの難しさ。

    この小説には何も救いがない。

  • 9/3

  • 明治34年の春、文学青年の林清三は名声や成功に憧れを抱きながらも、鄙びた村の小学校教師となる。
    ままならない現実の辛さに、やがて清三は真面目に生きる気力を無くしていく。
    自然美の鮮やかさの中で、境遇への反発と従順に悶え苦しむ清三の心情が切々と描かれている。

全5件中 1 - 5件を表示

田舎教師 (岩波文庫 緑 21-2)のその他の作品

田山花袋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
島崎 藤村
国木田 独歩
ヘミングウェイ
シェイクスピア
武者小路 実篤
ドストエフスキー
三島 由紀夫
夏目 漱石
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

田舎教師 (岩波文庫 緑 21-2)はこんな本です

ツイートする