縮図 (岩波文庫 緑 22-2)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003102220

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 徳田秋声の最後の作品にして、文芸活動の集大成として書かれた長編作品。
    数カ月後には太平洋戦争が開始される1941年6月より執筆が開始され、芸者屋を題材にした内容が"好ましくない"という理由により情報局からの干渉を受けることになり、幾度も執筆を中絶。
    そして、肋膜の癌により作者が他界し、作品は未完のまま終了となっています。

    日本の文学家たちは、戦時下においても創作活動を続けており、古参の作家陣が後の世に残る大作を多く世に送り出していた時期がこの頃となります。
    永井荷風の『濹東綺譚』、島崎藤村の『夜明け前』、志賀直哉の『暗夜行路』などの執筆が同時期で、本作も『黴』や『あらくれ』で既に有名作家だった徳田秋声により書かれました。
    戦時中は戦局の拡大に伴い、日本の戦時思想に沿わない作品を弾圧する、いわゆる国策文学が主流となります。
    本作と、同時期に書かれた谷崎潤一郎の『細雪』がその煽りを食ったことで有名で、連載中に言論統制により発禁処分を受けた作品です。

    均平という壮年の男と銀子という女性が最初に登場します。
    資産家の養子となり芸者上がりの銀子と同棲している均平は、別れて暮らしている娘からの手紙を受け取り入院中の長男を見舞います。
    そして、話は銀子の過去へと遡ります。
    序盤は均平が主役として登場しますが、やがて均平は全く登場しなくなり、以降は芸姑となった銀子が芸者屋を営むに至る半生が描かれます。

    元々芸者になることを嫌がっていた銀子が、千葉の芸者屋に身を売ることになり、そこで栗栖という男と恋愛をします。
    それがきっかけで帰郷し、実家の靴屋の仕事に戻りましたが、その後、石巻にある芸者屋に住み替えをします。
    石巻では倉持という土地の富豪に気に入られ、結婚を申し込まれますが、身分の違いから破綻し、東京に戻るも、今度は若林という女房持の株屋の妾となります。
    やがて銀子は病に倒れ、苦しい闘病生活の最中にも身内に不幸が訪れるという、世俗の荒波に揉まれ、苦しい日々を送るも幸せになれない、そういう日々が淡々と書かれます。

    最後は瀬川という男が登場し、胃腸の弱い瀬川の「一廉の食通であり、」という説明の文章でぷっつり終わり、これより先、銀子がどういう運命をたどるのか、救済されるのか、諦念してしまうのか、わからないままとなります。
    おそらく、銀子の半生を、人生の縮図として見せたかったのだろうというテーマは読み取れるのですが、徳田秋声がどういったものを示したかったのかはわからないままなのが非常に残念なところです。

    自然主義文学の最高峰とも言われる作品で、日本文学史を語る上では重要な作品であることは疑いないのですが、かなり読みにくい作品でした。
    文章が淡々としていて状況がわかりにくく、楽しんで読めるような小説ではないと思います。
    ただ、テーマ自体や、本作が自然主義文学として重要であるということは読んで理解ができたので、読めてよかったと思いました、

  • 「愛欲の悲喜」が描かれた作品らしいが、正直「どのあたりが……? 愛欲……?」となってしまった。「愛欲」と聞くと、ぎらぎらとしたイメージがあるのだが、この作品には、それが感じられなかったのが「愛欲?」となってしまった一因なのかもしれない。
    ヒロイン・銀子の半生を淡々と描く筆力は見事だったが、彼女の過去を負いすぎて「いつ、現代パートに戻ってくるんだ……?」と思ってしまった。絶筆なのが、本当に惜しまれる。

  • とは関係ないが、映画「裁かるるジャンヌ」を見に行くシーンがあるけれど、多分作者はこの映画見ていないでしょう。ジャンヌが甲冑に身を包んで戦うシーンなど、この映画にはまったくないのだから。

  • 「時代の未完」
    まさしくこの時代の縮図といってよい。
    小説って作者の深層心理の縮図ですよね~。

全4件中 1 - 4件を表示

徳田秋声の作品

ツイートする
×