藤村詩抄 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.77
  • (13)
  • (17)
  • (20)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 143
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003102312

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「初恋」「千曲川旅情の歌」などを含む詩集。七五調のリズムが口に出すと心地よく、文明開化の浪漫を感じて(&賢くなったような錯覚で)うっとりしてしまう。今時こんなの口ずさんでたら変な人に思われるから人前ではやらないけど。

     名もなき道を説くなかれ
     名もなき旅を行くなかれ
     甲斐なきことをなげくより
     来りて美(うま)き酒に泣け
     
     わきめもふらで急ぎ行く
     君の行衛(ゆくえ)はいづこぞや
     琴花酒(ことはなさけ)のあるものを
     とどまりたまへ旅人よ        (酔歌)

  • 『若菜集』『落梅集』など、島崎藤村の代表的な詩集から選び抜かれた名詩が収録されている。

    古諸なる…ではじまる有名な詩「千曲川旅情の歌」にいたく感動してしまった。共感と言った方が良いだろうか。自分もこの詩に登場する「遊子」(旅人)と同じだなぁとしみじみ思う。

    人はみな足早に駆けていき、次々と自分を追い越していくのに、私はいつまでこんなところを歩いているのだろうか。
    青春の盛りは過ぎて、もはや目前の田畑は冬の景色さながら、緑は失せ、落ち葉が道を埋め尽くし、私の歩みの邪魔をする。
    濁り酒で気を紛らしても、それはほんの少しの慰みでしかなく、私の漂泊はいつまでもいつまでも続いていくのだ。

    簡単に意訳(雰囲気訳?)してみるとこんな感じだろうか。
    なんというか、これは人間の持つ根源的で不可避な「孤独」というものを、真正面から見つめた詩なのだと思う。なんだか胸が苦しくなって、涙が出てくる。「私はここにいるよ」って叫びたくなるような、そんな衝動に駆られる。藤村の詩はやっぱり凄いね。

  • PDF

  • この作品は嫌いではないけれど、どうもある種の嫌悪感を抱いている自分がいる。
    きっとあまりに詩っぽいからでしょうか。ロマン主義に数えられない藤村だが、この多幸的な作品は、ロマン主義の歪さと極端さの要素があるような。全然細かいことはわかりませんが。

  • 藤村初期の詩集。青春の酸いも甘いも感じさせる内容もいいが、文語定形詩でありリズムが心地よい。国語教科書にも恐れずに文語詩を多く紹介したほうがよいと思う。

  • サウンド文学館・パルナス「島崎藤村詩集」『若菜集』『落梅集』『夏草』 より 朗読・柄本明

  • ●若菜集
    胸が苦しくなるくらい想いがぎゅっと詰まった詩。実際にいたらちょっと引いてまうかもしれん。でもやっぱ藤村好きだぁ。彼の繊細さの波長が私のそれとフィットする気がする。

  • 言葉のリズムとか使い方が凄く好き。『思より思をつたひ』『おきく』『強敵』『門出』が好き。今手元に本がなくタイトルうろ覚え。

  • 日本の近代詩の出発点となった島崎藤村の詩は、近代日本の自覚期ともいうべき歴史的青春と、詩人および人間としての人生の青春と、詩の文芸ジャンルとしての若さとが相まって生み出された比類のない青春文学である。『若菜集』『一葉船』『夏草』『落梅集』などより自選

  • とても良い。

全14件中 1 - 10件を表示

藤村詩抄 (岩波文庫)のその他の作品

島崎藤村の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

藤村詩抄 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする