にごりえ・たけくらべ (岩波文庫 緑25-1)

著者 :
  • 岩波書店
3.73
  • (37)
  • (29)
  • (60)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 338
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003102510

作品紹介・あらすじ

酌婦の身を嘆きつつ日を送る菊の井のお力のはかない生涯を描いた「にごりえ」。東京の下町を舞台に、思春期の少年少女の姿を描く「たけくらべ」。吉原遊廓という闇の空間とその周辺に生きる人びとに目を向けた一葉の名篇を収める。改版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「雅俗折衷体」という文体なそうです。しかし、正直とても読みづらかった。江戸時代の候文まではいかないが、講談調のよう。句点が打たれぬまま、一文がつらつらと1ページ程の長さに及ぶ。その中に、彼我の台詞が一緒になっており、これまたわかりづらい。こうした読みにくさのため、内容の半分くらいは、意味をくみとれなかったやもしれない。本作、この時代の小説を読みなれていない人には、全くお勧め出来ない。

     「にごりえ」は、以下の2人が主な登場人物。「銘酒屋『菊の井』の売れっ子酌婦「お力(りき)」。(銘酒屋というのは、女性のいるクラブみたいなものか? すると酌婦は、常連の男客が「お力」ご指名で来店する様子もあり、云わばホステスみたいなものか…)。そして、もうひとり、その「お力」に入れ込んで、あげく、家計を傾かせ、家庭をめちゃめちゃにしてしまっている男「源七」の妻「お初」。終盤、この「お初」は源七の家を出る(離縁)。かような筋のあった模様。
    「お力」が、幼少時の生家の貧しさを物語るくだりがある。お米を買いに遣いに出るのだが、滑って転んで、米粒の多くをどぶ板の下の水に流してしまい、途方にくれて家に帰れない…。そんな悲しい思い出。このくだりは印象に残った。

    そして「たけくらべ」。吉原の近くにあり、廓の繁栄と共に賑わう町屋の界隈が舞台である。「美登利」という少女と、寺の息子「信如」の二人を軸に、お話が進むようであった。
    吉原の近くの粋な風俗、町の賑わいが、生き生きと描かれている感じはあった。「美登利」と「信如」は、いわば幼馴染のふたりらしい。中盤、互いの異性や、周囲の目を意識し始めたためか、そして、照れもあってか、互いに距離を置くようになってしまう。そのあたりは、思春期の男女にありがちな感じで、キュンとするせつない思いがした。 

     ※「龍華寺の信如」。「大黒屋の美登利」。 

  • 樋口一葉と言えば、近代日本文学においては有名な女流作家の一人である。
    いや紫式部はかなりさかのぼる。
    それを考えればおそらく女流作家の中では唯一無二の存在と言えるだろう。
    長らく読まなければとは考えていたが、文語体という大きな壁がそれを阻んできた。
    それを年末のどさくさに紛らせてどうにか消化した。
    カラマーゾフまでとは言わないがこれもかなりの熟成させた未読本だった。


    読んだ感想は”意外”の一言。
    てっきり女性らしい甘ったるい、もしくはやけに清々しい清潔なものを想像していたが、蓋を開けてみれば、どちらも悲哀に満ちた丁寧でそして繊細な物語だった。
    前にも書いたが女性らしい作品と言うのが私はどうも苦手だ。
    何というか、性別に焦点を当てられての諸々のことにあまり関心が向かない、いや何となく面倒になってしまうんだよな。ほとんど食わず嫌いの粋なのだが、何とも。
    しかし今回の一葉の作品も確かにその時代の女性達の生き様に確かに焦点を当てていたが、それが女とはその性はのうんざりするような長広舌ではなく、その悲哀を描きつつも芸術的な美しさを失わぬすばらしい作品となっていた。
    これは文語体によって若干紛らわされているのかもしれないが、本当に読み終わってみて何ともきれいな物語だな、と感心してしまった。
    特に私の場合『たけくらべ』にそれを感じた。
    はじめは幾分、文章が追えないと四苦八苦したが最後につれては鴎外達が絶賛した詩のような美しさを感じた。


    文語体を多少読み解けるようになって感じるのは、リズムの美しさだ。
    全て短歌的なゴロをもっているというわけではないが、言葉がリズムを持ち綴られている。
    おまけにその総体はえも言わぬ日本的なかぐわしさまでも纏う。
    たしかに口語体こそ当然に読みやすいが、こういった世界観、いや美観を演出できるのは文語体のすばらしい所だと思う。私は元来、文章は華美なものを好む性質があるので特にそう感じるのだろうけどね。
    しかし読むことに苦労して、というのも在るのだろうが、近頃読んだどの文語体作品もどことなく鮮烈な印象を残す。それもやはり日本的な。
    正直、一葉に関してはなんの期待も抱いていなかったからある意味目からウロコ。
    素直に美しい作品だったと今でも思う。



    一葉と言う人を後々すこし調べて、夭折であり苦労の人だったのだと感じた。
    しかし、その波乱と苦悩がこの人の文学に女性らしからぬ独自の視点を産み、しかし一方で女性らしいロマンチシズムばかりではない清潔な悲哀を含んだ物語を生ませたんだと思う。
    やっぱり文学には、苦悩なりのこういった思考をくぐった上での精神性がないと……なんて、えらく真面目に思ったりして。

  • 本書のタイトルにもある、「にごりえ」と「たけくらべ」の2作が収録されています。
    樋口一葉は他にも「大つごもり」や「十三夜」など、代表作と呼べるものはあるのですが、それはそのうち。

    樋口一葉といえば、近代初の女性職業作家なのですが、それまでの作家たちの恋愛描写に比べ、女性側からの視点での心理が書かれている点が新鮮に感じました。
    本作以前、逍遥以降に書かれた恋愛は全て男性視点で、もっと物理的な描写をしているイメージを持っています。
    また、一方で、ジェンダーに走った描写をしていないのも良かったと思います。
    他の作品に関してはわかりませんが、本作に関しては、作中にリアリティに欠くレベルで我の強い女性が出て来るわけではなかったです。

    両作とも素晴らしい作品なのですが、一方で読みづらさも感じました。
    「たけくらべ」は前半、なかなか読み進めることができず、「にごりえ」に関しては、あらすじを頭に入れてから読まないと何が何だか分からないと思います。
    山田美妙や森鴎外に比べると、まだこなれた感があって読みやすいのですが、それでも場面転換が多く、気がついたら今がどういう場面かわからなくなることがちらほらあります。
    薄い短編なのですが一気に読もうとせずに、十分咀嚼しながら読み進めることをお勧めします。

    2作の各々の感想は下記の通り。

    ・にごりえ …
    単純明快な内容なのですが、遠回しな表現(あるいは、読者の想像にお任せする場面)が多く、非常に読み進め難かったです。
    私は、文章や表現の難解さから、読む前にまずググって、あらすじを頭に入れてから読み始めることをおすすめしますが、解釈は読者に任せる内容になっているため、難解だろうがまずは解説なしに読みたいという方は、挑戦してみても良いと思います。

    ・たけくらべ …
    森鴎外、斎藤緑雨などに影響を与えた、樋口一葉で一番有名な代表作。
    前半はとっつきにくかったですが、中盤以降の美登利と信如の淡い関係が書かれたあたりからは比較的楽に読み進められました。
    吉原に住む子どもたちの話で、美登利と信如の他にも幾人か子どもたちが登場し、2つのグループに別れて対立しています。
    美登利と信如を中心とした解説が多いですが、この二人が登場するシーンは印象的だけど実のところ少ないです。
    主役は登場する子どもたち全員で、子どもたちが大人へ成長する、その余韻というか虚無感というか、そういったところが本作のテーマだと感じました。

  • 実は、しっかりと読んだことがなかったのです。にごりゑ、たけくらべ、なんというか、その叙情性、切り取られたカットごとの深い印象、吉原の女性を取り巻く悲哀が描き出されています。天才紫式部が見透し、愛惜の念を持って描き出した平安の世の女性の行く末を彷彿とさせる傑作。特に、たけくらべで、美登利が信如の後ろ姿を「何時までも、何時までも、何時までも」見送るシーン、淋しく雨に濡れる紅入り友仙、霜の朝に差し入れられた水仙の作り花の各シーンが、まるで映画のワンシーンのように、決して交わることのない男女の行く末を哀しくあぶり出して、独りでに涙が出ます。

  • 読みにくそうという先入観から遠ざけ続けていたが、ほんとうに面白かった。もっと早くに読んでいたら。

  • 「たけくらべ」
    文章は読みにくかったけれど、少女漫画的な少年、少女を主人公に当時の時代背景から描かれていた。

  • 2015/1/6読了。
    個人的にはにごりえの方が好き。

    たけくらべは登場人物が一読しただけだとわかりにくかった。なんとなくにごりえの方が読みやすかった。思ったより美登里さんがサバサバしてて、イメージと違った。

  • 思わずため息をついてしまうくらい清廉として、そしてどこかほの暖かい日本語で書かれているなと感じました。

    ろうそくの光のような雰囲気を持った日本語。

    柔らかく、どこか輪郭のぼやけた先には深い闇もあって…はっきり見えない霞の向こうを知りたいような、知らずにいた方がいいような…曖昧さが心地よく、そして物悲しい。

    『にごりえ』はストーリーがよく分かったのに、『たけくらべ』はイマイチお話についていけなかったのは何故かしら?

  • 慣れるとするする読めてしまう美文。テンポが心地いい。子供たちが大人になっていく切なさと戸惑いが瑞々しく描かれている。授業でとりあげてもらえてよかった。

  • 少女マンガかと思った。

    明治以降子女への教育が盛んになり、裕福な家庭の子女による教養というか娯楽としての文学が出るようになった一方で、古文を勉強した経歴から古典的な仏教文化に基づいた、それでいてそこまで裕福でなく吉原の近くで生活環境のよくないところで暮らした過去が作品に特徴を与えている。らしい。

    ひらがな中心とかはそうだけども、現代でもありそうなレベルの人の表裏の複雑な感情と生活が描かれていて、正直すごいと思った。
    まあ少し少女漫画的な恥ずかしさに悶絶したけども。

    時代が時代だからスラスラは読みにくいけども、おすすめ。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

樋口一葉
1872年、東京に生まれる。本名なつ。92年、20歳で小説『闇桜』を発表。以降、96年に24歳で
亡くなるまで、『大つごもり』『たけくらべ』『にごりえ』『十三夜』などの名作を書いた。

「2016年 『漫画版【文語】たけくらべ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

にごりえ・たけくらべ (岩波文庫 緑25-1)のその他の作品

樋口一葉の作品

にごりえ・たけくらべ (岩波文庫 緑25-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする