明治劇談 ランプの下(もと)にて (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003102626

作品紹介・あらすじ

『半七捕物帳』や戯曲『修禅寺物語』で知られる作家岡本綺堂は、父に連れられて初めて団十郎・菊五郎・左団次らの新富座興行を見た。以来、少年綺堂、長じて『東京日日新聞』劇評記者綺堂が見た数々の舞台と名優たちの思い出を綴り、明治の時代の息吹を伝える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010/10/26購入

  • 途中までで終わってしまった。新富座の描写などがおもしろかった。「日本文壇史」のあとに読んだほうがよかったかもわからん。

  • 九代目団十郎や五代目菊五郎を実体験としてもっているんだよね。そのリアルさがおもしろい。研究書としてだけでなく、随筆としてもおもしろい一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

明治劇談 ランプの下(もと)にて (岩波文庫)のその他の作品

明治劇談 ランプの下にて (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 明治劇談 ランプの下にて (青空文庫POD(ポケット版)) 岡本綺堂
明治劇談 ランプの下にて (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 明治劇談 ランプの下にて (青空文庫POD(シニア版)) 岡本綺堂
明治劇談 ランプの下にて (青空文庫POD(大活字版)) オンデマンド (ペーパーバック) 明治劇談 ランプの下にて (青空文庫POD(大活字版)) 岡本綺堂

岡本綺堂の作品

ツイートする