カインの末裔/クララの出家 (岩波文庫 緑 36-4)

著者 :
  • 岩波書店
3.37
  • (8)
  • (12)
  • (25)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 156
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003103647

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロレタリアっぽくないプロレタリア。舞台が村ってのがいっすねー。いつの時代も村はこうあって欲しい。村と言う言葉を形容詞として使い続けるためにも。カインの末裔と言えばベイオウルフのグレンデルなんだけど、たぶん関係ないのよね??

  • 素晴らしく力強い作品。物語で終始語られる主人公の粗暴さが、クライマックスである地主と相対するシーンをより凄惨なものとしている。圧巻の一言。生活に打ちのめされた主人公が人間とはなにか思い悩む姿はひどく悲しくせつない。

  • キリスト教に関連する表題作二編。
    本当に、有島武郎はもっと評価されるべき作家だと思う。二編とも、素晴らしい描写に満ちている。
    解説によると、クララの出家のほうは、今日までほとんど顧みられていないとのことだが、クララが聖フランシスに懺悔する場面は本当に神聖であり、かつエロティック。
    (2012.5)

  • カインの末裔/釧路湿原で見かけた開拓の跡とか、資料館で読むような郷土史とかには、たしかにこんな生活が詰まっていたようだった。物語的にどうというより、そっちに気が向いてしまって、一気に読み終わった。

    クララの出家/こういう信仰は自分の中にないなぁと思う。何かの"ついで"には出てくるかもしれないけど、信仰こそが人生、にはならない。

  • クララの出家のみ、しかも青空文庫にて。
    クララの出家は、ど定番な駆け落ち物語。

    最初に一目惚れした時に正に真っ逆さまに叩き落とされた気分なんだろうけど、やっぱ女はやると決めたら年齢関係無くしたたかです。

  • タイトル「カインの末裔」が全てを物語っている。

    人間は生まれながらに無知で、無知ゆえに罪深い。
    だから、信仰深く生きなさいってことかな。

    言いたいことはそれだけじゃないだろうけど、ちょっと私の知識不足。
    「生まれいづる悩み」とかはメッセージが分かりやすくて読みやすかったけど、
    これははっきりしたメッセージが読み取れなかった。

    小作農の描写が生々しい。

  • 8/8

  • カインの末裔

    カインは旧約聖書で人類初の人殺しをした。その末裔である二右衛門は地主に土地を借り、小作となる。地主は小作にとっては絶対権力者すなわちヤハウェであり、神への捧げ物は小作料だ。傲慢なカインと同じく二右衛門は傲岸不遜で自分の欲望のままに生き、小作料も支払わない。小作料を軽減させる直訴をすべく神である地主に会うも恐れを抱き、アベルならぬもはや歩くことが叶わぬ愛馬を屠り、放浪者となったアベルのごとく農場を去っていく。

    寒風吹き荒び雪に埋もれる北海道の厳しい自然。
    働いても働いても自作農にもなれない小作人。
    腸チフスであっけなく死んでしまう赤子。
    二右衛門は酒を呑んでは暴れ、博打で折角稼いだ金をすってしまうものの、商品作物である亜麻を多く作付けたり燕麦を商人と直取引をして売ったりと逞しい。
    土臭さと湿り気を感じさせながらも圧倒的な筆致で紡ぎ出される物語に惹きつけられた。

  • 1917

  • 探したら見つかった。
    それも値段も御手軽だった。
    読んだよ、
    うん、


    「ダミアン」を読んで読まなければと考えた作品だった。
    初有島武郎。
    感想は、ナンだろうな、文が肉々しいというのが一番の感想。
    小説自体は、突如荒野に現れた無骨者、といった感じだったな。



    労働者階級の生活の閉塞感とくすんだ、というよりかは”でいる”情景をリアリティーを書いている。
    私のような現代の恵まれた、自由の会得に奔走せずに享受している存在にとっては参ってしまうような描写。
    この生々しさはえぐいぐらいだ。
    しかしこういう時代背景において人間は、それ以上の世界を知らない、夢にも思わないという、境界線をしっかり持っている。
    それはある意味幸せなのだろう。
    でも文学は、自身の客観性を持ってその境界線に簡単に切り込みを入れてくる。
    幸か不幸か、でもそれが本来の啓蒙としての文学の役割だったのだろうね。
    いや、話がずれた。
    有島はこのリアリティーを持って労働者階級の生活の飢えを描写しているというのに、それを生んだ社会への批判や哀愁にはあまり興味がないときている。
    育ちに即さないお上手さなのに、
    では、なにを描こうとしたのか。



    カインとは”人類初の身内殺し”の代名詞と現代ではされている。
    カインとアベルが神にと捧げ物をした際、神はアベルの供物を喜び、カインの供物は受け取らなかった。
    嫉妬にかられたカインはアベルを殺してしまい、エデンの東にあるノドの地に追放されたというのが話の大筋だが、キリスト教にも教義や解釈は様々にあり、カインに対する捉え方も分かれるためその言及はしないが、
    そうして追いやられたカインの血筋から人に暴力やねたみという感情がもたらされたといわれている。
    そうした”カイン”という代名詞を持ってしての今回の主人公の仁右衛門。
    暴力的で粗雑な彼をして有島はキリスト教の教義に関係がないものにも、”カインの末裔”としての定めが巡ることを描いたのだろう。
    カインが神に突きつけられた罪を、仁右衛門の無骨さや凶暴さから来る解説に記されていた「自然とも人間とも相容れないという重荷」に置き換えて背負わさせている。
    なるほど、この置き換えはわかりやすい。
    だが、どうだろうか、聖書で言う神のカインに嫉妬を呼び起こした拒絶には、一種の不条理があるのではないのだろうか。
    それは天使の血を酌んだという彼の先天的な”罪の存在”とされる宿命に終始するのだと有島は考えていたのだろうか。
    たしかに「カインの末裔」とされた仁右衛門にも”相容れない”という定めはおいているが、しかしそれは生まれから来る先天的なものとして考えられないように私には思えた。
    ならば、この物語はカインにまつわる狭義の物語ではないのかもしれない。
    その不条理、
    いやそんな解釈は加えてはいないな。
    ただ、「廻るのだ」。
    形や環境をかえても私たちはそれを背負わされる、と説かれている。




    「カインの末裔」として流浪と暴力の血筋を背負わされた者には、果たして救いはなにのだろうか。
    何たって私たちもカインの末裔だからね。
    仮に、それを改める話になると、もう信仰に向かうしかないのだろうな。
    原罪ね、
    芳醇なる果実を口にしたことといい私たちには罪が多いことだ。
    とは思うが、私はコタツでお茶を飲む。
    そんなモンで、いいのか。
    どうだか。

全23件中 11 - 20件を表示

有島武郎の作品

ツイートする