小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (30)
  • (27)
  • (62)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 306
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003103661

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親の強さと愛情、芸術への思いがまっすぐにそして強く描かれている

  • 恐れない者の前に道は開ける。行け。勇んで。小さきものよ。学生の時に読みたかった一冊です。

  • 「生まれ出ずる悩み」青年は、自分の立場を受け入れ、全力で仕事をして、結果力がついて、私がやるべきことの見本だと思った。それから可能性を持っているのに消えていくというのは普遍的なことなのだなあと思った。

  • 「生まれ出ずる悩み」は何か仰々しい描写に疲れてしまったけれども、「小さき者へ」は良かった。最後の一文には打ち震えた。自分の父親に言って欲しい言葉だし、自分が父親になったときに言いたい言葉だった。父性愛。

  • 白樺派だねえ。

  • 小学生の頃通っていた絵画教室の先生(美大卒で画家の奥さん)が私が絵画教室をやめるときにプレゼントしてくれた一冊。この絵画教室で油絵の楽しさを知りました。

全38件中 31 - 38件を表示

有島武郎の作品

ツイートする