荷風随筆集 上 日和下駄 他十六篇 (岩波文庫 緑 41-7)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (6)
  • (6)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 163
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003104170

作品紹介・あらすじ

江戸讃美、戯作者意識、文人的な生活など、荷風の文学的特質をよく窺わせる『妾宅』のほか『小説作法』等19篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 請求記号 914.6-NAG(上巻) (上野文庫)
    https://opac.iuhw.ac.jp/Otawara/opac/Holding_list/search?rgtn=096106
    請求記号 914.6-NAG(下巻) (上野文庫)
    https://opac.iuhw.ac.jp/Otawara/opac/Holding_list/search?rgtn=096107
    うわべだけの付き合いは無用、ひとりぼっちも悪くないと思わせてくれる荷風はすごい。

  • 読みたかった「日和下駄」他16篇を収録。「世の中はどうでも勝手に棕櫚箒」

  • 図書館で借りた。

    高等遊民について百科事典で調べたら、『日和下駄』が紹介されていたので、読んでみた。
    東京をぶらぶら散歩して、そのときのテーマである「樹」「寺」「路地」などについて、地名や歴史とともに述べるものだった。
    東京の地理を知るにはいいかもしれないけれど、そこに興味を持てなかった。
    他の随筆も東京について書かれている。

    『葡萄棚』は売笑婦との経験を書いているのに、きれいな印象が残った。

  • 荷風って、東京が好きだったんですね。
    と言うか、江戸が好きだったんですね。

  • 日和下駄にはじまる東京散策記は近頃再び散歩の友に
    なりました。学生時代、会社員時代と何度か訪れた
    場所を今度は、この本+カメラと供に歩いています。

    『昨今の淵今日の瀬となる夢の世の形見を伝へて、拙き
    この小著、幸に後の日の語り草の種ともならばなれかし。」
    と序にある通り、街はどんどん姿を変えています。
    それでもその場所の持つ空気や雰囲気にこの本に書かれている
    ニュアンスを感じられる場所も時々残っています。
    国や都で守り昔の姿のまま残された木々などを
    見上げたときは涙がこぼれそうなくらい感動するときも
    あります。

    荷風が綴る文章はまるで写真をみているように風景が
    眼前に広がり日本語の美しさも再認識しました。

  • <div class=\"booklog-all\" style=\"margin-bottom:10px;\"><div class=\"booklog-data\" style=\"float:left; width:300px;\"><div class=\"booklog-title\"><a href=\"http://www.amazon.co.jp/%E8%8D%B7%E9%A2%A8%E9%9A%8F%E7%AD%86%E9%9B%86-%E4%B8%8A-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B7%91-41-7/dp/400310417X%3FSubscriptionId%3D08M7KT9XDNR3N95ANHR2%26tag%3Dbooklog.jp3-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D400310417X\" target=\"_blank\">荷風随筆集 上 (1) (岩波文庫 緑 41-7)</a></div><div class=\"booklog-pub\"> 永井 荷風</div><div class=\"booklog-info\" style=\"margin-top:10px;\">Amazonランキング:136618位<br>Amazonおすすめ度:<img src=\"http://booklog.jp/img/5.gif\"><br> </div><div class=\"booklog-link\" style=\"margin-top:10px;\"><a href=\"http://www.amazon.co.jp/%E8%8D%B7%E9%A2%A8%E9%9A%8F%E7%AD%86%E9%9B%86-%E4%B8%8A-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B7%91-41-7/dp/400310417X%3FSubscriptionId%3D08M7KT9XDNR3N95ANHR2%26tag%3Dbooklog.jp3-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D400310417X\" target=\"_blank\">Amazonで詳細を見る</a><br><a href=\"http://detail.booklog.jp/asin/400310417X/via=xiaoyou\" target=\"_blank\">Booklogでレビューを見る</a> by <a href=\"http://booklog.jp\" target=\"_blank\">Booklog</a><br></div></div><br style=\"clear:left\"></div>

  • 大学の授業のテキストです。
    うーむ、日和下駄は難しかったなぁ。
    荷風は、この時代の人には珍しく、アメリカ行くわフランス行くわ(しかも大した用もなく・・・と言ったら語弊があるが)で、西洋の文学にも精通していて、そんで江戸の戯作も好きで家は代々漢学家で・・・。とまぁこういう具合でして、和洋漢がひとつの本の中にごった返しているんです。なかなか無いですよ。
    また、荷風は水が好きだったみたい。流れている水。散歩中に小さな水路でも見つけた日には、その元を辿ってどこまでも歩いちゃうような。生涯孤独だった荷風は、水のながれの何に心惹かれていたんだろう。
    さて、下巻も頑張って読むぞ!

  • 鐘の声が好きです。
    風景描写がとても好きです。

  • 東京に住み始めた頃買ってみて、この本片手に随分散策しました。結構すごい距離を何事も無いようにブラブラうろついているものです。ちょっとしたタイムトラベルでした。

  • <a href="http://www.super-jp.com/bookpick/words/archive/20050724.html">日記的用語集「川本三郎」</a>参照。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

永井荷風

一八七九(明治一二)年東京生まれ。一九〇三年より〇八年まで外遊。帰国後『あめりか物語』『ふらんす物語』(発禁)を発表。五九(昭和三四)年没。主な作品に『ぼく東綺譚』『断腸亭日乗』がある。

「2020年 『吉原の面影』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井荷風の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×