摘録 断腸亭日乗〈下〉 (岩波文庫)

著者 : 永井荷風
制作 : 磯田 光一 
  • 岩波書店 (1987年8月17日発売)
3.72
  • (14)
  • (15)
  • (31)
  • (0)
  • (0)
  • 241人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003104217

摘録 断腸亭日乗〈下〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和12年10月4日「また或人のはなしに、戦地において出征の兵卒中には精神錯乱し戦争とは何ぞやなど譫語を発するものも尠からず。それらの者は秘密に銃殺し表向は急病にかかり死亡せしものとなすなり。」自衛隊員がこうならないことを願う。昭和12年11月19日「戦争もお祭りさわぎの賑さにて、さして悲惨の感を催さしめず。」集団的自衛権行使にならないことを願う。昭和22年5月3日「米人の作りし日本新憲法今日より実施の由。笑ふべし。」憲法改悪とならないことを願う。昭和25年6月26日「朝鮮南北両国開戦の報あり」非戦を願う

  • 悲惨な戦禍を淡々と力強く描写している自由主義者荷風の面目躍如。それにしても、最近TPPの議論で優れた日本の医療に外国人が入って質が下がるみたいな発現を聞く。日本人に優れた人がいることはそうだけど、日本人の全てが優れているわけではないし、外国人医療者の素晴らしさもたくさん観察している。とくにこの昭和初期、戦争前後の日本人には極めて極めて愚かな思想言動が多いと、断腸亭日乗を読んでいると強く感じられないだろうか。。。。まあ、TPPは利益相反がらみの賛否両論両極端、、、冷静な議論がほとんど不可能になってきているけど。

  • 江藤淳「荷風散策」より
    荷風自身に 「日乗」を作品にしようとする意図があった。人生を作品にしようとするほどの 美学的、哲学的な覚悟に支えられていた

  • 大正時代から1950年代までの日記。著者独特の筆致で当時の東京の姿を描き出している。

    OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02058904&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 12/11/04、ブックオフで購入。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003104218
    ── 永井 荷風/磯田 光一・編《摘録・断腸亭日乗(下)19870817 岩波文庫》
     

  • 永井 荷風の日記。60歳までが面白い

全7件中 1 - 7件を表示

摘録 断腸亭日乗〈下〉 (岩波文庫)のその他の作品

永井荷風の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
ウンベルト エー...
谷崎 潤一郎
安部 公房
フランツ・カフカ
ウィトゲンシュタ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

摘録 断腸亭日乗〈下〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする