桑の実 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (7)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003104514

作品紹介・あらすじ

舞台は明治末から大正の頃の東京。主人公は身寄りのない娘おくみ。ことさらに劇的な展開があるわけではない。おくみは恋をする。しかし恋ともいえぬ淡いものである。ここに登場する人々の暮しぶり、立居振舞、会話、すべて時はゆるやかに優しく流れる。のち童話作家に転換する小説家鈴木三重吉(1882‐1936)の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50011297&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 上村松園が描く普通の女の人の美しさを思い出した。ゆったりしてさっぱり。
    ku:nel系きちんとした生活に憧れる人もうっとりするかも。

  • 8/31

  • 読み終わった余韻が半端なかった。無いものへの無い物ねだりなのは分かってるけれどさ・・どうしてこうなった。としか言えない。
    女として生まれているなら、こういう女性になれるものならなってみたいと本当に思うの。
    あぁなんで、日本はこんなににも変わってしまったんだろう。
    ただ、ただ、羨ましくて仕方がない。其れほどまでに美しいと完成されてるって思った小説は久しぶり。

  • こんなにも起伏のないのにダラダラとも違うというのは、不思議。
    清潔でつつましい生活をただ描いて、
    そこにほのかにおくみの想いと寂しさを描く。
    みんないい人なのに、強い絆で結びついている人は誰もいないというのが本当にさびしい。
    優しくて穏やかなのに寂しさばかりが漂う。

  • ほんのりと寂しい頼りないトーンが始終漂っていた。ここまで起伏のないお話というのもすごい。縁に薄いまま過ごし、この先もそのように思われるおくみが画家の青木の家で二ヶ月余りを過ごす。おくみはうっすらとこのまま青木さんのそばにいれたらいいのに、と思うが頑とした意思表示もせず、たまにふと寂しさに涙ぐむ。ささやかに生活そのままに描かれたおくみの純な感じが清々しいながらもあまりにはかなく寂しい。この物語ではどの人もしっかりとした縁で他人とつながっていない。どの人物もつつましくちゃんと生きているが、強い他人との情愛による結びつきは持てず、問題のない生活に微笑んでいるのに寂しげだ。清潔な家に清潔な空気が充ちているようなさっぱりした読書が出来る。「青木さん」という名前や青い木陰にぽつぽつと赤い色彩が、おくみのちょっとの喜びや抜けない寂しさを点す。なめらかな日本語と情景が素晴らしい。しかし寂しい。ああ寂しい。

  • ながれるように進む。

全8件中 1 - 8件を表示

桑の実 (岩波文庫)のその他の作品

桑の実の詳細を見る 桑の実 鈴木三重吉
桑の実の詳細を見る 桑の実 鈴木三重吉

鈴木三重吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏目 漱石
村上 春樹
川端 康成
三島 由紀夫
川端 康成
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする