大津順吉・和解・ある男、その姉の死 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.70
  • (3)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003104613

作品紹介・あらすじ

実業家である父にとって、作家志望の息子順吉の生き方は決して許せるものではなかった。しかも女中と結婚するという。こうして父と子の不和は続いた。やがて歳月が二人を近づける。この三部作は、長い確執ののち和解に至るまでの過程とその緊迫した瞬間を、十二分に伝える筆さばきで描き、作者(1883‐1971)の一画期を示すものとなった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔の金持ち家庭に育った男(志賀)の雰囲気がすごくよくわかる本。妻に暴言を吐きながら社会問題にはそれなりに向き合う。この時代にはこんな私小説は新鮮だったらしい。読みやすいのでほかにもよんでみたい。

  • 実業家である父にとって,作家志望の息子順吉の生き方は決して許せるものではなかった。

  • これも授業で「和解」をやったため。その後に志賀直哉(白樺派)に興味持つようになったのでその時に読んだ気がします。私小説かと思いますが…白樺派はなんだか不和だの和解だの激しい人間関係多い気がする。(おぼっちゃんだからですか)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

志賀 直哉(しが なおや)
1883年2月20日 - 1971年10月21日
宮城県石巻生まれ、東京府育ち。白樺派を代表する小説家。「小説の神様」と称されて、多くの日本人作家に影響を与えた。代表作に「暗夜行路」「和解」「小僧の神様」「城の崎にて」など。

志賀直哉の作品

ツイートする