大石良雄・笛 (岩波文庫)

著者 : 野上弥生子
  • 岩波書店 (1998年6月16日発売)
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003104989

大石良雄・笛 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心理描写、しかも内面だけをべたべたと連ねるのではない筆致が巧みで、とくに内蔵之助が長男と対面する場面など圧巻だった。読み終えたくない気さえした。

  • お家再興の保管金を中心に大石を描いているらしい

  • 実は「笛」しか読んでいないのだけど、
    「笛」だけで言えばもう胸に読後の余韻が残りまくりの哀しく美しい傑作。
    簡素な表現のなかにリアルがきらめき、
    愛おしさがレースのように作品全体に渡って編み上げられている。
    ひとって、人生って、家族って、恋愛って、歴史って、
    たぶんすごくひとつひとつは宝石みたいに輝く美しさと愛らしさを持っているのだけれど、
    それをひとつに「繋げる」のは難しいのだろうね。

    私は個人的には最愛の祖母を「つね」の姿の上に重ねてしまったので、
    胸に迫りくるものもひとしおだった。
    特に、ちょっとした仕草や些細な情景描写に全身全霊の感情がこもっていて心が震える。
    破滅に向かって物語は流れていくのに、
    研ぎ澄まされたような美しさが印象として残る。
    そう、なんだか鋭利な水晶のような。

全3件中 1 - 3件を表示

野上弥生子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

大石良雄・笛 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする