釈迦 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003105061

作品紹介・あらすじ

仏教の開祖・釈迦の生涯を、人間愛を唱えた文豪が描く。生きることに苦悩し、仏陀となって教団を率いるようになった後も、難問に悩まされながら、人々を思いやりつつ生きた人間釈迦への尊崇の念と篤い共感が全篇に溢れる。武者小路実篤の伝記小説の名作であり、近代日本における代表的な釈迦伝である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1950年代初版のものが再版されたもの。釈迦の生涯をまとめ的に吸収するには最適な著書。数々の教えについてはほとんど触れていないので、あくまで人物を知るのが目的。
    釈迦が説いたとされる万人向けの教え(法華経とか)のスケールの大きさに比べて、自身の解脱だけを目指す上座部向けの細々とした戒律が相矛盾しているのが仏教最大の問題点で弱点だと思うが、つまりは生きることが苦しみなのか喜びなのかのどちらを取るかで選択が分かれるのだろう。釈迦にしたってスジャータとの出会いは僥倖だったに違いないし、それが因となり悟りを開くのだから女性と目を合わすなというのはあんまりではないか。苦しみばかりにフォーカスしても正しい認識とは言えないだろうし、それに臨終の時に「俺の人生は苦しみの連続だったが、これでやっと死ねる!」というのもあんまりではないか。釈迦の教え自体が両極端でバランスに欠けていると敢えて記しておく(もっとも釈迦は法華経以外は全て方便であり仮の教えだからそれらの一言一句たりとも用いてはならないとのことだが)。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

武者小路実篤(むしゃのこうじ さねあつ)
1885年5月12日 - 1976年4月9日
東京府東京市麹町区(現・千代田区)生まれの小説家・詩人・劇作家・画家。ある時から「むしゃこうじ」と当人が自称しているが、一般的に「むしゃのこうじ」読みされている。学習院初等科~高等学科に在学し、東京帝国大学哲学科社会学に入学したが、入学初年で中退。創作活動をはじめ、1910年に志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。これにちなみ、彼らは「白樺派」と呼称される。
1918年宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を建設。その後も多くの創作活動に勤しんだ。1951年、文化勲章を受章。1976年4月9日、尿毒症で逝去。
代表作に、『お目出たき人』『わしも知らない』『幸福者』『友情』『人間万歳』『愛と死』『真理先生』など。

武者小路実篤の作品

ツイートする