中勘助随筆集 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 渡辺 外喜三郎 
  • 岩波書店
3.58
  • (4)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003105160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「夏目先生とわたし」がとても好き。漱石の声の印象の表現が面白く、中先生らしいなぁ、と。それにしても、授業を聞いてないふりをしたり、ちょっと首をかしげて漱石の反応を見たりしている中先生って・・・!!

  • 最初兄夫婦の物語に登場する「姉」が義姉とはわからなかった。壮絶な話だった。

  • 夏目漱石の回想がとても愉快だった。「母の死」を読んで、なぜ中勘助が「散文よりも詩歌が好きだ」と言うのかがわかった気が致します。・・・「断片」。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1885年、東京に生まれる。小説家、詩人。東京大学国文学科卒業。夏目漱石に師事。漱石の推薦で『銀の匙』を『東京朝日新聞』に連載。主な著作に小説『提婆達多』『犬』、詩集に『琅玕』『飛鳥』などがある。

「2019年 『銀の匙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中勘助の作品

ツイートする