蜜蜂・余生 (岩波文庫 緑 51-7)

著者 : 中勘助
  • 岩波書店 (1985年9月17日発売)
3.86
  • (5)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 57人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003105177

蜜蜂・余生 (岩波文庫 緑 51-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まどかな文章から、大切な人を喪った静かな哀しみがにじむよう。日々暮らすそこかしこで、不在の人を思い出す寂しさ。

  • 私が個人的に、しんみりしてしまう(ことに去年からなってしまった)
    このくらいの時期に、
    合わせて読んだわけではないのに、偶然か、必然か、
    ぴったりの内容の本、でありまして…、
    なんだかますます湿っぽくなってしまったここ数日、でした。

    中勘助と言えば、「銀の匙」であまねくその名を知られている訳だけれど。

    私、中勘助好きだと意識していたけれど、「銀の匙」しか読んだことのないお粗末さ。
    申し訳ありませんでした。

    この本は、
    中勘助の魂の片割れのように何十年もすべての感情を分かち合い、
    一番の味方でいてくれて、
    お互い寄り添ってきた、女性(兄嫁)が身罷ったところからはじまる。

    中家の内情をちゃんとは知らなかった。
    (お兄さんとの確執めいたものは前述の書にも出てきた気はするが)

    その一家の諸々を引き受け、中勘助曰く「犠牲」となって、
    蜜蜂のように働きづめに働いて死んでいった兄嫁、
    過酷な状況の中でも、いつも優しかった思い出を綴る。

    大好きな人が亡くなって、
    何を見ても、何を聞いても、もうただ、悲しい、と言うことありますね。

    突然棚から、あれ!ッと言うものが出てきたり、庭に生えている植物を見て
    思い出したり、あと何かを買ったり、面白いものを見たとき、
    あ、これ教えたい…、と思うことも。

    「家の犠牲になる」と言うのは、今でも減ってはいるけれど
    たぶん、まだまだおられるのであろう。

    自分があまりにも大変苦しい状態で(病気になるくらい)
    それも相手が全然認めてくれない時、
    想像では思い切って逃げ出したら…!と思ってしまうけれど、
    実際はもちろんそう簡単ではないのでしょうね。

    いわゆる「家」制度や、昔の女の人の立場や、
    複雑な事情も考えて、なんだか落ち込んでしまった。

    ひたすら悲しく、空しい気持ち、
    また一方で、誰かを好きで、その人を思う清らかな感情を味わい、
    しばし物静かに考える女となっておりました。

    収録されている「余生」は主に「蜜蜂」を読んだ人からの
    お手紙に中勘助がコメントしているという、
    本当に姉妹編と言った内容。

    ちょうど、戦争がはげしくなった頃で、
    お手紙をくれたまま、消息不明と言う人もおられ、
    呑気にしている自分がいたたまれなくなる一面も…。

    さて、余談ですが中勘助は長身の美形で
    女性にモテモテだった、そうです。
    (なんだか意外でした…)

    また全集はほぼ日記らしく、
    それも欲しいなあ、と俄かに…。
    (日記と書簡好きなもので)

    全集、古本で結構お手頃でした。

  • 「銀の匙」を読んでからが、よいのだろうか。
    読み方が足りないのか、ただの随筆、それだけの印象と
    なった一冊。
    不幸な話なのだろうけど、面白くない、これはいかに?

全3件中 1 - 3件を表示

中勘助の作品

蜜蜂・余生 (岩波文庫 緑 51-7)はこんな本です

ツイートする