子をつれて (岩波文庫 緑 56-1)

著者 :
  • 岩波書店
3.13
  • (0)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003105610

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1952年初刷。漢字の画数が多い。初めのうちは難儀したがいつの間にか慣れていた。自堕落と当然の帰結としての貧窮。救いようがない男ではあるが不思議な温かみがある。憎めない。

  • 破滅した人々の道を皮肉めいた人間関係と哀愁漂う文体で描き切った作品「子をつれて」一度読んでみてください。あなたもこうなりましょう、一緒に。ふふふ。

  • 2011/07/23文芸漫談「子をつれて」雑感
    貧乏作家芸で鳴らしている葛西だが、その中でもこの作品は純粋に興味深い。狭範囲をリアル掘り下げることで世界を歪ませる事に成功している。とりあえず、働け。

全4件中 1 - 4件を表示

子をつれて (岩波文庫 緑 56-1)のその他の作品

子をつれて (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 子をつれて (青空文庫POD(シニア版)) 葛西善蔵
子をつれて (青空文庫POD(大活字版)) オンデマンド (ペーパーバック) 子をつれて (青空文庫POD(大活字版)) 葛西善蔵
子をつれての詳細を見る 子をつれて 葛西善蔵

葛西善蔵の作品

ツイートする