萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.94
  • (101)
  • (64)
  • (107)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 879
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003106211

作品紹介・あらすじ

「詩はただ病める魂の所有者と孤独者との寂しい慰めである」といい、ひたすら感情の世界を彷徨しつづけた萩原朔太郎は、言葉そのもののいのちを把握した詩人として、日本の近代詩史上、無二の詩人である。代表作『月に吠える』『青猫』等より創作年次順に編まれた本詩集は、朔太郎(1886‐1942)の軌跡と特質をあますところなくつたえる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 端的な感想は、孤独な変態っぽい。「旅情」「竹」「さびしい人格」「虚無の歌」あたりが好き。気持ち悪めの詩も多くて、この人頭おかしいなと思ったり。どこまでいっても寂しくて憂鬱な感じ。(実際に憂鬱って単語が頻繁に出てくる)室生犀星と北原白秋の序文も読めたので満足。

  • この人の詩のような絵を描きたい。

  • 西脇順三郎が、たった1冊だけを持ってイギリスに留学したのが『月に吠える』。そして、同時にそれは日本語での詩の可能性を西脇に悟らせた詩集でもあった。何度目かの再読(これが1番多い)だが、私にとっての日本近代詩ベスト1はやはりこれだ。タイトルは、人間を含めて生きているもののすべてが背負わなければならない、根源的な「生」への不安と怖れとを象徴しているだろう。ここにあるのは、寂しさや愛の渇仰や恐怖や残酷さ、あるいは本質的な孤独といった、およそ負の感情である。「人は一人一人では、いつも永久に、恐ろしい孤独である」。

  • 心虚しくして彼の詩の世界に入ってみる

    美しくて、そして孤独だ。

    そんな心の情景が現れてくる。

  • ルーツ・オブ・ルーツ

  • 田舎に育ってるのに、田舎が嫌いで閉塞感を覚えてるかんじ、ひたすらに共感でした!
    室生犀星にも似たようなものを感じたけど(だから友達なんだよなーって思う)またちょっと違う感じ。
    モダンボーイで田舎がしんどくて心の中の孤独を見つめて。そういうところがすごく好きでした!!
    女装する詩とか女の手が美しくて好きすぎる詩とか、変態性やフェチシズムを美しい言葉で表現してるのも大好きです!!

  • ふるへる、わたしの孤独のたましひよ

  • 凡作

  • 「青猫」がすごい好きだった。耽美で頽廃的。

  • 僕にはこの詩集は暗すぎた。
    しかし、ひとつ好きな詩を見つけた。

    「こころ」

    こころをばなににたとへん
    こころはあぢさゐの花

全74件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)1886年~1942年。日本近代最大の詩人。生前に発表された詩集は『月に吠える』『蝶を夢む』『青猫』『純情小曲集』『萩原朔太郎詩集』『氷島』『定本青猫』『宿命』。他に詩論『詩の原理』、アフォリズム集など多数。

「2013年 『宿命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
安部公房
フランツ・カフカ
梶井基次郎
ヘミングウェイ
谷崎潤一郎
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×