萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 三好 達治 
  • 岩波書店
3.94
  • (99)
  • (60)
  • (106)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 762
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003106211

作品紹介・あらすじ

「詩はただ病める魂の所有者と孤独者との寂しい慰めである」といい、ひたすら感情の世界を彷徨しつづけた萩原朔太郎は、言葉そのもののいのちを把握した詩人として、日本の近代詩史上、無二の詩人である。代表作『月に吠える』『青猫』等より創作年次順に編まれた本詩集は、朔太郎(1886‐1942)の軌跡と特質をあますところなくつたえる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心虚しくして彼の詩の世界に入ってみる

    美しくて、そして孤独だ。

    そんな心の情景が現れてくる。

  • 凡作

  • 「青猫」がすごい好きだった。耽美で頽廃的。

  • 僕にはこの詩集は暗すぎた。
    しかし、ひとつ好きな詩を見つけた。

    「こころ」

    こころをばなににたとへん
    こころはあぢさゐの花

  • 病的な雰囲気も素晴らしいし、序文すら詩的で素敵だった。
    青白いけれど情熱的な朔太郎の詩は生きることの美しさを教えてくれる。

  • 端的な感想は、孤独な変態っぽい。「旅情」「竹」「さびしい人格」「虚無の歌」あたりが好き。気持ち悪めの詩も多くて、この人頭おかしいなと思ったり。どこまでいっても寂しくて憂鬱な感じ。(実際に憂鬱って単語が頻繁に出てくる)室生犀星と北原白秋の序文も読めたので満足。

  • 人の世は不思議なものですな。
    そして、生きるということは
    とてつもない迷路を延々と進み
    続けることなのかもしれませんね。

    ページを繰るごとに、繰るごとに
    わが身に降りかかる、陰鬱、絶望。
    何者にも包まれぬ人間は
    絶望そのものかもしれませんね。

    それはたとい、どんな題材でも
    寂しさを覚えます。
    ただし、美しきをとめには
    その陰鬱は少し和らぎます。

    異性の存在はそのこころに
    安らぎを与える…はずでしたが
    離婚しているんですよね。
    実は。

  • あまり考えたくない時にボーっと文字だけ追っています。
    学生の頃からもう何年もずっとそうやって何回も繰り返し読んできた一冊です。

  • この人の詩のような絵を描きたい。

  • 新書文庫

全70件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)1886年~1942年。日本近代最大の詩人。生前に発表された詩集は『月に吠える』『蝶を夢む』『青猫』『純情小曲集』『萩原朔太郎詩集』『氷島』『定本青猫』『宿命』。他に詩論『詩の原理』、アフォリズム集など多数。

「2013年 『宿命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)のその他の作品

萩原朔太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
フランツ・カフカ
安部 公房
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする