父帰る・藤十郎の恋――菊池寛戯曲集 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 石割 透 
  • 岩波書店
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003106341

作品紹介・あらすじ

菊池寛の文学の特質は、その戯曲に最もよく窺える。全戯曲から、時代物、現代物を発表年代などを考慮しながら、代表的な作品12篇を精選・収録した。登場人物たちの明確な姿かたち、生き生きとした台詞とそのやり取り、単純ながら理詰めの劇の構成、作者による人間心理の的確な洞察は、今なお新鮮であり、読者の心に直に訴えかける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  菊池寛は戯曲の形でも抜群のストーリーテラーです。
     小説の形でも発表している、藤十郎の恋・敵討以上(恩讐の彼方に)・入れ札のほかに、
     精神薄弱の兄にとってまともな人間に戻るほうがよほど不幸ではないかとシニカルに指摘し今では放送禁止用語が散りばめられた’’屋上の狂人’’、坊主どもの禁犯を唯物主義を逆手にとって趣深く諫めた’’奇蹟’’、家族不幸の父を拒絶する長男とそれでも家族であるが故の絆を押し出した’’父帰る’’、明治維新直前に勤王に就くか佐幕に就くかで家族内や婿候補との意見が割れた様を巧みに描いた’’時勢は移る’’、知恵の足りない腕自慢がかえって不幸を招くという訓話’’岩見重太郎’’、逃げ延びる際に楊貴妃が死を選んだ理由と玄宗皇帝の心境をひねてとらえた’’玄宗の心持’’、ストーカー遠藤盛遠を罠にかけ誤って殺される袈裟夫人に対する夫渡辺渡の複雑な男心を描写した’’袈裟の良人’’、美人のプライドを愉快に書き表した’’小野小町’’、そして、今時の感覚だと夫が妻を殴って普通な描写に面食らいはしたけど夫婦喧嘩は犬も食わぬを取り上げた’’時の氏神’’、どれもこれもオーヘンリー並みのニヤリが続きます。不当に評価が低いのはもったいない

  • 戯曲化された小説を読むのは初めてで新鮮だった 
    劇なだけあってストーリーのテンポがいい 

全2件中 1 - 2件を表示

菊池寛の作品

ツイートする