室生犀星詩集 (岩波文庫)

著者 : 室生犀星
  • 岩波書店 (1983年8月16日発売)
3.82
  • (6)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003106624

室生犀星詩集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼心のある詩。

  • のびやかで澄んだ、観察のことば。読みやすく、読み返したくなる。

    和歌以来のきれいな言葉の面影を残しつつ、中身はわがままとも言える個人の悩みであったり、異国やもっと細かいものの観察であったり、あるいは混ざり合ったりということかしら。対象を見ながら自分を見ている、というのが朔太郎同様に当てはまったりするのかしら。

    「第二愛の詩集」「ノオト」より
    人はいつも寂しさにおはれる (おふは走にょうに診のつくり)
    どれだけ深い心の持主でも
    いつも風のやうな寂しさに
    すこしづつ動かされてゆく

    [...]
    人は寂しさの隙間に
    ちひさい喜びを見出すけれど
    そこに慰めの根をしばらくは置くけれど

    それもやがて秋の日のうすれて移るやうに
    其処をも去る
    一つのかげも止めず

    「寂しき都会」の「寂しき生命」
    語つても語りきれない一点にまで辿りつくと
    私は黙つてしまはなければならない
    なぜ言へないか
    自分が恐ろしいからでも
    世界をこはがるからでもない
    これを言つてしまつては
    あとに何もないからだ

    この二つの詩集が特に良い。

  • 読書会の予習として。
    感想は新潮文庫版に譲る。

  • 特装版

全5件中 1 - 5件を表示

室生犀星詩集 (岩波文庫)のその他の作品

室生犀星の作品

室生犀星詩集 (岩波文庫)はこんな本です

室生犀星詩集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする