羅生門・鼻・芋粥・偸盗 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.69
  • (44)
  • (67)
  • (94)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 531
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003107010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今でも新鮮な気分で読めるというのが、いかに芥川がすばらしかったかを物語っているのではないでしょうか。特に羅生門が好きです。

  • 高校の頃、国語の先生にマニアックだと言われたのですが、個人的には「煙草と悪魔」が印象的でした^^;

  • 人間をなまなましく表現する芥川の傑作「羅生門」。生きるために髪を刈る老婆。其の理論を理解し、逆転の発想で自分に当てはめる落人。人間とは。悪とは。生きることでの疑問点を再確認させてくれる。
    鼻、芋粥は人間の心理を描いていて非常に良い。

  • 読書中。

  • 人間って哀しいねっていう事。教科書に載ってたあの話や、児童雑誌に載っている昔話はこれだったのね。と、改めて思った。

全63件中 51 - 60件を表示

羅生門・鼻・芋粥・偸盗 (岩波文庫)のその他の作品

芥川竜之介の作品

ツイートする