小説永井荷風伝 他三篇 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003107164

作品紹介・あらすじ

佐藤春夫は、荷風の文壇登場からその死まで、その人と文学に深い理解と共鳴を持ち続けた。「小説永井荷風伝」は、長く荷風に親炙した春夫による様々な回想と的確な批評が一体となった数ある荷風評伝中の代表作、今なお荷風文学への最良の道案内である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 永井荷風の作品を読んだことのない状態で読んでしまったのだけれど、作者がいろいろ解説してくれているので興味が湧いた。確かに入口としてもいいと思った。
    荷風の生き方は共感できる気がする。

  • 岩波文庫(緑) 080/I
    資料ID 20102004560

  • なんでこの時代はこんな好き勝手に生きられるんだーといつもながらに思う。
    ぼんぼんだからといってこんなにのらりくらり生きていけるものなんだろうか。とはいえ、色欲甚だしいので、男としての色気もわきまえていた反面、女の弱さを見せるタイミングとかにも相当厳しそうな気がする。
    佐藤春夫の描き方が郷愁ある感じでいい。

  • つまらん。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1892年、和歌山生まれ。詩人、小説家。『晶子曼陀羅』で読売文学賞受賞。おもな著作に『田園の憂鬱』『殉情詩集』『李太白』など。1964年没。

「2018年 『にゃんこ天国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤春夫の作品

ツイートする