淫売婦・移動する村落―他五篇

著者 :
  • 岩波書店
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003107225

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロレタリア文学といわれる作品群のうち、手にしたことがある作家は彼のみだが、自分の立ち位置を省みて、「やはり、ここだ」と思わせてくれるテーマ。

    一方で、自身の生活と登場人物たちの生活とが、時代も環境も大きく異なっていることも事実。主人公に真に感情移入できているのだろうか、どこかお伽噺として受け取っていないだろうかという問いかけを忘れないためにも、これからも読み返していきたい。

  • 小林多喜二に影響を与えたプロレタリア文学作家の短編集。
    表記が読みにくくて仕方が無いが内容は鳥肌が立つほど社会定期弱者に暗いスポットを当てている。
    移動する村落などは何ともいえない読後感。

  • プロレタリア文学

全4件中 1 - 4件を表示

葉山嘉樹の作品

ツイートする