葉山嘉樹短篇集 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 道籏 泰三 
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003107232

作品紹介・あらすじ

葉山嘉樹(1894-1945)は,短篇小説でその本領を発揮した.葉山は虐げられた弱者,庶民,労働者を丹念に描き続けた.しかし,当時のプロレタリア文学が掬い切れなかった人間の破滅への衝動,思索的な内面性,文体・表現の斬新さ…, そこには,独自の世界がある. 全短編から,新編集により精選.葉山文学の真面目が初めて立ち上がる.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  独特な、というよりはグロテスクな比喩表現が印象的でした。極端に過酷な生活環境に置かれている赤貧労働者に焦点を当てた作品が多いです。作者の主義主張を全面に押し出したり背後にこっそり潜ませたりするのではなく、作者自身が労働者の視点に立ってリアルな生を描写することによって、下手に脚色するよりもリアリティを感じることができ、作品中の底辺労働者の存在自体を作者の主張とすることに成功しています。
     ですので、「万国の労働者よ、団結せよ!」的な露骨な赤の雰囲気を感じずに読む事ができると思います。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1894年福岡県生まれ。早大高等予科除籍。海員生活を経て、労働争議を指導。1923年名古屋共産党事件で検挙され、刑務所内で「海に生くる人々」「淫売婦」を執筆。小林多喜二と共に日本プロレタリア文学の双璧と評されたが、体制支持へ傾き満州開拓に関わる。45年、中国で死去。

「2008年 『セメント樽の中の手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

葉山嘉樹の作品

ツイートする
×