伸子 下 (岩波文庫 緑 78-3)

著者 : 宮本百合子
  • 岩波書店 (1973年9月17日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003107836

伸子 下 (岩波文庫 緑 78-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人をおいて他に相手はいないと信じて佃と結婚した伸子だが、上層中流階級の実家、とくにその雰囲気を代表する母多計代とそりの合わぬ夫のために心を砕く。自由に育った伸子と、15歳も年長で屈折した心の佃との間に生じた溝は、やがて越え難い深淵となる・・・。宮本百合子の代表作。

  • 中條百合子だった作者が、留学先で知り合った相手と結婚し離婚するまで。
    夫ととのすれ違い、自意識の昂まり…痛々しい日々が続く。
    解説で、下巻では社会状況の描写が少なくなり残念、というようなことが書いてあったが、伸子(百合子)が追い込まれていくリアルな変化だと思うのだが。

  • 反対を押し切って結婚生活に入ったものの、小市民的な安住を求める佃の消極的な生き方に絶望し、やがて二人の間に破局が来る。
    結婚生活の中でだんだん伸子と佃の齟齬が目立ち始めていく様はすごく辛かった。伸子の苦しみはわかるような気がする。伸子は歩み寄ろうとするが、佃と共にいられないことを悟る。佃が必死に伸子を引きとめようとするところには驚いてしまった。
    結婚における女性の独立の問題を追及した作者の代表作。

全3件中 1 - 3件を表示

伸子 下 (岩波文庫 緑 78-3)のその他の作品

伸子 下 (新日本文庫 A 2-2b)の詳細を見る 文庫 伸子 下 (新日本文庫 A 2-2b) 宮本百合子

宮本百合子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

伸子 下 (岩波文庫 緑 78-3)はこんな本です

ツイートする