新編 思い出す人々 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 紅野 敏郎 
  • 岩波書店
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003108642

作品紹介・あらすじ

文芸評論家、社会小説『くれの廿八日』の作家、『罪と罰』などロシア文学の翻訳家として活躍した内田魯庵が、紅葉、露伴、緑雨、二葉亭ら同時代の文人たちの素顔を活写した本書は、非常に面白い読み物であるとともに、明治文学史の一級資料である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治の文豪たちの生き様

  • この本のヤマでは決してないけども、大杉栄の最後は泣ける。震災のドサクサで殺された、というが、地震から2週間も経ってからなんだよね。しかも家から焼け出されたわけでもない。本当に静かに普通に生活していて、突如として捕まり殺されている。

全2件中 1 - 2件を表示

内田魯庵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする