蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (17)
  • (42)
  • (71)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 362
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003108819

作品紹介・あらすじ

おい地獄さえぐんだで-函館を出港する漁夫の方言に始まる「蟹工船」。小樽署壁に"日本共産党万歳!"と落書きで終わる「三・一五」。小林多喜二のこれら二作品は、地方性と党派性にもかかわらず思想評価をこえ、プロレタリア文学の古典となった。搾取と労働、組織と個人…歴史は未だ答えず。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「蟹工船」を再読。「一九二八・三・一五」初読。
    再読してもやはり面白い「蟹工船」である。絵づらが力強く、引き込まれる。
    冒頭の函館港の描写からしてしびれる。臨場感あふれる活写、煙の匂い、港の臭いも漂ってくる、イキのいい書き出しだ。
    そして、凍てつく最果ての北の海。オホーツク海。カムサツカ(カムチャツカ)の陸地がうっすらと遠望される沖合いでの操業。「兎が飛ぶ」、とされる時化の前触れ。「虐使」される男たちの、疲労、絶望。 
    だが、読後、少々の違和感を抱いてもいる。
    労働者達の悲惨な境遇を描く点で、ルポルタージュを読むような読み応えがある。
    だが、闘争のありようを描く場面に至っては、「労働者達よ、かく斗うべし」という労働運動の教科書の如きもの、情宣読物らしき印象を抱いた。舞台背景のリアリズムの一方で、物語の展開は、一種の“ファンタジー”に飛躍しているように感じられてならなかった。
    後世、ルポルタージュ、という手法が確立した。ルポルタージュに徹して「蟹工船」の労働を描く…、という型式で読みたかった、という我儘な読後感もある。

    「一九二八・三・一五」は、小樽と思われる北の街が舞台。件の日付、その深更。大勢の組合活動家らが、一網打尽に警察に連行される。検挙でなく、任意同行の形をとっているが、有無を言わせぬものである。
    凄惨な拷問の描写で知られるらしいが、私は、連行された活動家たちそれぞれの、様々な人物像が印象に残った。息子の活動におびえて日々涙する老母の姿に動揺する会社員。労働条件と生活改善を願って組合に合流しただけで、命を賭す程の覚悟は持っていなかった男の怯え、戸惑い。 
    信念を強く鍛えた者のみならず、そうした、弱き者の姿も描かれているのであった。
    それにしても、労働組合の成員に対して、かくも無法、無茶な暴力がなされていたことに、改めて驚かされる。

    「蟹工船」は、1929年の作。過日再読した「伊豆の踊子」とほぼ同時代に書かれたものである。一高生の甘酸っぱい青春と、表裏に重ねて受け止めると、感慨深い。 

  • 出勤前に読了。
    「一九二八・三・一五」が読みたくて岩波文庫で購入。
    買って良かった。

    「蟹工船」は2度目。1度目よりもどうにも身につまされる気がするのはきっと最近のわりと酷目な仕事の状況のせい。
    方言ゴリゴリの台詞を読むのに全く苦労がないのは私も北の方の出身だから。多喜二を読むようになってそっちの出身で良かったなって思った。違和感なく頭に入ってくるのは有難い。
    実は角川文庫版も持ってるので少し時間を置いて3度目にいこうと思う。

    肝心の「一九二八・三・一五」。わざわざ岩波で買った甲斐はあった。好き。
    拷問がまあ酷い。語彙力が貧相だからそれくらいしか言えないけれど本当に酷い。こんなことがまかり通るような時代が今とそれ程隔てなくあったという事実に戦慄する。
    時代がそうさせた、という感じがしなくもないけれどよくもまあこんな公権力と闘おうだなんて思えたな、と。そして闘えたな、と。

    やっぱり感想は得意じゃない。

  • 同郷人の小説は意識しないと読まないので新鮮だった。現代の労働者はむしろ個人化されていて「蟹工船」のような行動はむしろ難しいのではと感じた。

  • 不当に検束され、歩くと目まいがするほど拷問をされて帰ってくると、渡は自分でも分るほど新鮮な階級的憎悪がムチムチと湧くのを意識した。その感情こそは、殊に渡たちの場合、マルクスやレーニンの理論を知って正義的な気持から運動に入ってきたインテルゲンチヤや学生などの夢にも持てないものだ、と思った。「理想から本当の憎悪が虱のように湧くかい!」


    作者が望みをかけた日本共産党も本意か不本意か政策もろくに出せない烏合の衆のような体たらく。世界的にみても共産主義自体が資本主義の前に鳴りを潜めざるを得ない状態で、共産主義という理想論の破綻もいまでは常識。結局、人間みんな自分が一番。みんな横並びでハッピーな世界なんて土台無理。

  • たいそうおもしろい

  • 監督の浅川という名前以外は、ほとんどが無名で漁夫、雑夫などとの表記で登場する。記号のように感じさせるのは、人間として扱われていなかったことを象徴するかのよう。「蟹工船」が航船ではなく、工船すなわち工場としての存在だったことがリアルに良く分った。そして共産党検挙の3・15事件を扱った作品。こちらは生々しく拷問を受ける個人個人が名前で示される。小林自身もそのような中で死んでいっただけに迫力がある。しかし、両作とも社会主義が崩壊した今となっては古色蒼然とし過ぎていることは否めない。

  • 「蟹工船」と「1928・3・15」が収録されています。
    「蟹工船」は船の「蟹工場」という意味らしいです。雑夫や漁夫たちは考えられないほど凄惨な生活を送ります。もはや人間的な生活などといえない「過酷」以上のもの。人間の命さえなんとも思わないで、搾るだけ搾ろうとする現場監督。お金をもった資本家と「プロレタリア」との対置。頭でただ理解していたのとは違った生々しい再現を感じました。

    同時収録は、共産党一斉検挙事件を著した「1928・3・15」。
    こちらを読んで事件について知りたかったので、あえて岩波文庫版をチョイス。国家権力がいかにして共産主義者を叩いてきたか。それは体制側が「共産主義」を恐れていた証拠。警察署でのすさまじい拷問をとおしてなされる話の展開が印象的です。
    --------------------------------------------------------
    ただ、いまの時代背景とこの作品がなぜ安易に結びつけられて語られるのか?わかるんだけどわからなかった。共感を得ることはできても、そこには比べものにならない大きな大きな壁が立ちはだかっているような。でも、こういったことを知り、教訓にしていくことは大切だと思います。
    --------------------------------------------------------

  • 展示中 2014.9~

  • 三浦綾子「母」を読み、そういえば蟹工船ってちゃんと読んだことなかったかも…と思い手にとった。
    衝撃だった。何から何まで劣悪な環境で、吐き気がするほど悲しかった。こんな地獄があってたまるか

  • 「蟹工船」は資本家が,「 一九二八・三・一五 」は国家権力が,いかに労働者を残酷・無慈悲に搾取・迫害していたかを描く。

    しかし,労働環境では過労死・ブラック企業が蔓延り,人質司法がまかり通っている現代と,どれほど違うだろうか。

    ちなみに,青空文庫の「 一九二八・三・一五 」は,検閲された本を底本にしているようで,削除されている部分がある(「共産党」など)。

全59件中 1 - 10件を表示

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)のその他の作品

小林多喜二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする