小林秀雄初期文芸論集 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.73
  • (6)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003109519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学生時代、やたらに遠く、やたらに小難しく、うっとおしい存在だった小林秀雄。ようやく近づいてきた。私に向かってその文章が語りかけている(かのうような)気になってきた。楽しかったです。

  • 古本屋でみつけた!ずっと欲しかった!
    ものすごくうれしい。今から噛みしめるように読む。

  • 読みたいでごわす

  • 屈指の日本語の才能にあふれた人物のその文章です。

  • -「自分の嗜好に従って人を評するのは容易な事だ」と、人は言う。しかし、尺度に従って人を評する事も等しく苦もない業である。常に生き生きとした嗜好を有し、常に溌剌たる尺度も持つという事だけが容易ではないのである-

    小林秀雄の文体は、単語の選び方が鋭く、リズミカルで、鮮烈な印象を読者に与える。多分、この本のどこを開いても、どの一文を読んでも、著者の文学、美への造詣の深さ、純粋な魂を感じるのでは。難しそうと敬遠しないで、手元に置いて、ちょっとした瞬間に、一文だけでも読んでみるとよい。

  • 緑95-1

  • 人生の師。

  • ネットで文壇ゴッコをやりたい人にお勧め。これ一冊読んできちんと理解できれば勝てる(笑)
    ※ランク付け反対のため常に★5

全9件中 1 - 9件を表示

小林秀雄初期文芸論集 (岩波文庫)のその他の作品

小林秀雄の作品

小林秀雄初期文芸論集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする