変容 (岩波文庫)

  • 71人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (6)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 伊藤整
  • 岩波書店 (2002年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003109625

作品紹介

老年期に入ろうとする主人公たちが展開する心理や行動は、性の快楽が青年の特権ではないこと、さらには、それらの行為を通して人生の真実により深く到達するのは、若者や壮年よりも老年であることを啓示する。老年とは、ひいては人間が生きるとは-という根源的な問いに真正面から取組んだ作者(1905‐69)最後の傑作長篇小説。

変容 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の周りの落ち着いた大人も、実は…などと薄ら寒くなる。老年って、こんなにもエネルギーや葛藤を持っているものなんだなあ。過去に置いてきた後悔を受け入れる諦念が老いなのかと思っていた。

  • 解説をみるに、伊藤さんの集大成がこの一冊になるらしい。珍しく一人称形式で書かれている本作だが、やはり僕は、三人称で綴られたこの人の作品が好きだ。論理的な文章と洞察力、観察力、男女の機微は、三人称での客観的な視点において大いに発揮されると感じた。
    ところで、もしも自分が老年期に入った際も、龍田さんのように恋愛をし、性を弄ぶようなら、きっと辛いんじゃないかと、ちょっと思った。

  • 知らなかった。60歳がこんなことを考えていたなんて……

  • やっぱり自分の体験・経験と似たようなあらすじの本は引き込まれてしまう。読んでいて楽しいわけではなく、自分と似た体験・経験を経た作中人物はどのように屈託を解消したのか、はたまたどのように解消しなかったのか、という部分に注意がいく。

  • おぉっと、伊藤整が文庫に!
    チャタレイ夫人の恋人を訳したことで有名な伊藤整ですが、役者が役を自分の中で転がして楽しむのに対し、小説家は登場人物を状況の中に放り込んで楽しむのだなと思わせてくれる作家でした。
    特に「火の鳥」は最高なんですが、絶版(日本文学がカッパで出てました)です。
    変容も再び絶版になる前にどうぞ。

全5件中 1 - 5件を表示

伊藤整の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
安部 公房
大岡 昇平
ヴィクトール・E...
フランツ・カフカ
エーリッヒ・フロ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

変容 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする