旧聞日本橋 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003110317

作品紹介・あらすじ

大江戸の名残り濃い明治初年の日本橋界隈の風俗・世態人情を繊細な筆致で活写した自伝的回想。劇作家・長谷川時雨が生れ育った日本橋の人と町を鮮やかに描いた本書は、一つの時代の光と影をきめこまかく伝える証言でもある。父・深造の手になる江戸市中の風俗画文を多数収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何気なく手に取ったがパワーワードが多くて面白かった。
    すごい狭い範囲で生活していて、服飾や芝居に関心が深い当時の人たち。時雨の職業柄もあるだろうが。
    放蕩の仕方も破滅型が多くて、親に成敗されたり心中に失敗して非人に落とされたり。明治初期はまだ江戸時代と地続きな感じがある。

  • 明治初期の日本橋界隈で育ったお姉様の昔語り。青空文庫版で読書中

全2件中 1 - 2件を表示

長谷川時雨の作品

ツイートする