漱石・子規往復書簡集 (岩波文庫)

制作 : 和田 茂樹 
  • 岩波書店
4.00
  • (9)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (500ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003111161

作品紹介・あらすじ

夏目漱石と正岡子規は、明治22年、高等中学校の同級生として出会い、寄席の趣味をとおして親しくなった。その友情は、子規が明治35年、三十五歳で亡くなるまで終生変わることなく続いた。十三年間に交わされた希有の交友の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もはや聖書。
    『墨汁一滴』『病床六尺』を読み乍らも、じわじわと明治35年9月に近付く毎に辛くなり、中座してこちらを読み始めました。結局一気に読んでしまった…

    当時から既に評価ある立場で活躍し乍ら、奢る事の無い明治の青年2人の、屈託の無い遣り取りがたまらなく新鮮でリアルで…燃えます(笑)
    コンパクトな文庫でありながらこれだけ濃厚な内容と、ちょいちょい挟まれる貴重な絵や写真があるのも、非常にありがたい一冊です。


    改めて思う事は、リアル学生の時分に何故もっとこういう楽しみ方が出来なかったんだろうかと。純文学のハードルをやたら上げて詰まらなくしている教科書が恨めしい、等と自業自得と知り乍らもぼやいてしまう…。

  • こんな手紙のやりとりに、心から憧れる。
    真剣な文学談義から洒脱な笑いまで、さすが漱石と子規!と思わずにはいられない。レベルが高い。
    今まで読んだ書簡集の中でも一、二を争うお気に入り。

    帝大生時代に始まる前半は、互いに歯に衣着せぬ議論の応酬にちょっとびっくりした。そこまでキツく言うか、と読んでいるこちらがたじたじとなるほど。私だったら相手との関係が壊れるのが怖くて、なかなかこうまではっきり言えないだろうと思う。本当の友達だからこそできることだなんだなぁ、としみじみ。
    後半は、本当に涙なしには読めない。

    ちなみに漱石先生は手紙を捨てる人だったそうで、子規宛の書簡に比して漱石宛の書簡が半分ほどしか残っていないのが残念。

  • まだ30ページくらいなんですが、めちゃくちゃ面白い。

  • 友達だったから言えたこと。

  • 内容が学生友達の身辺連絡から始まるのもあって正岡常規くんと夏目金之助くん往復書簡と書きたい雰囲気があり。ソコを楽しむ。手紙中の単語の解説はあるものの状況その他は年表のみという男前な作りで読む人を選びそうな感はある。マニアな自分にはむしろごくシンプルで使いやすいが。こんな感じで『子規虚子碧梧桐往来書簡集』があればいい(きっと売れないが)。カバー折返し(表紙写真の解説)年代が間違っていたりと微妙な部分で間違えがあったりする。

  • 喧嘩とかしちゃって、かわいいの。
    俳句の添削のあたりは、とても勉強になる。
    しかし、漢詩のやりとり、あこがれるなあ。

  • 友情パワー!

  • 資料というより趣味で楽しむために買っちゃいました。帝大生時代から正岡子規の死まで続いた筆まめなふたりの文通は、途中から涙無しでは居れません。

  • 夏目漱石と正岡子規…この親友同士の手紙は読んでてニヤニヤが止まらない。センスあふれるユーモアや、情愛こまやかな交流のようすがほほえましいです。

  • 漢文からシェイクスピアまで引用多く読むの時間かかりますが二人の関係が垣間見えてよいです…

全12件中 1 - 10件を表示

漱石・子規往復書簡集 (岩波文庫)のその他の作品

漱石・子規往復書簡集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする