ゼーロン・淡雪 他十一篇 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.52
  • (3)
  • (8)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003112816

作品紹介・あらすじ

故郷小田原の風土に古代ギリシアやヨーロッパ中世のイメージを重ね合わせ、夢と現実を交錯させた牧野信一の幻想的作品群。表題作の他に「鬼涙村」「天狗洞食客記」等の短篇8篇と「文学的自叙伝」等のエッセイ3篇を収める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  大学のゼミでとりあげた作家。
     むしろゼミでの課題にならなかったら、一生読まなかったであろう本のうちの一冊。(だから大学は面白いと思う)

     古き良き日本の田舎の日常に、作者の愛したギリシャ神話の時代の「世界」が、お酒に漬けた果実のようにじわじわとしみとおっている世界観というか雰囲気が非常に心地よい。
     読み返してみて、「最近、この手の雰囲気もってる本をどこかで読んだな……?」と考えて、思い当たったのが「テルマエ・ロマエ」だったのはともかくとして(笑)(もちろんこの話はギャグではないけれど……)
     初期作品の「幻想」と「現実」の混じり具合が絶妙であるだけに、現実の配分の増える後期作品の読後感がほろ苦いのも、また一興というべきかもしれない。
     

  • 不思議な作品群だった。
    表紙にも書かれてるけど、ヨーロッパの知識とユーモア。
    でも作品からは日本の古きよき情景が浮かんでくる。
    和のイメージの中に突然降って来る西欧。
    アンバランスとコントラスト。
    あの時代を感じさせながら、この知識とセンスは素晴らしいの一言。
    驚きと笑いが入り混じった無二の作家だと思う。
    個人的に好きなのは「天狗洞食客記」。
    これが氏の作品を語るなら一番しっくりくるような気がする。
    表題作の「ゼーロン」も面白かった。
    「ゼーロン」から「夜見の巻」を読むとゼーロン(馬の名前)への愛憎の変遷が窺えて興味深い。
    短編が苦手な自分が楽しく読めた。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50042955

  • センター国語のアレ。幻想的。

  • ダメと世界音痴のコンボ短編集。狂騒的世界、主人公の痛いような緊張状態、突然終わる構成などなど、作者の不安定さ、足掻きがよく表れている。自分がふがいないときなにか叫びだしたいような気持ちになるものだが、そういう気分によく合う本だった。

    牧野は自己の荒馬から振り落とされてしまったように思われた。このように書き続けていくことでバランスを取り、生きていけていたら良かったのだけれど。

    「泉岳寺付近」「天狗洞食客記」が、ほどほどに落ち着いたトーンでダメさが描かれていてよかった。

  • 1056夜

  • スリップスロップ!

    文章は上手いわけではないけども、この世界観?は秀逸!
    ギリシャの世界に迷いこんだような気持ちになります。
    珍しい話。

    あれからこれへ!これからあれへ!
    転がそう転がそう!セント・ゲイネスの樽のように!

    今日は白パン、明日は黒パン!


    こんなん。独特でちょっと覚えた^^

  • ゼーロンが読みたくて読みたくてもうほんとに

全9件中 1 - 9件を表示

牧野信一の作品

ゼーロン・淡雪 他十一篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする