草野心平詩集 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 入沢 康夫 
  • 岩波書店
3.70
  • (9)
  • (13)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003113110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蛙詩人として有名な草野心平だが、予想以上に蛙詩人だった。東京で生まれ育ち、蛙の鳴き声は旅先でしか知らないわたしでさえ、ページ一面に湧き上がる蛙の合唱に飲まれてしまった。

    蛙が登場しない詩も、活字ではなく極太の筆で殴り書きされた書を見るような力強さ、野性味があり、圧倒された。

  • 独自の言語世界。

  • 優しい。
    哀しい。

    ユーモラス。



    蛙の詩がやっぱり好き。

  • ここにこの配置…、ああなんでこんな…

    って驚嘆だらけ。
    そして、心地良い。

    蛙の、雄大な自然の、草野心平という人間の、映像が浮かぶ
    同時に、リズミカルな音

    「言葉」の持つ威力はまだまだ底知れない


    るんるん るるんぶ…
    という詩をクラス皆で朗読した時とはまた違ったイメージを植え付けられて。
    詩人は言葉のエキスパートですねほんとに…。

  • 本能の詩人、草野心平。その心揺さぶる言葉たち。

  • 何度読んでも涙がでる。涙が出るのだ。

    私も蛙の気持ちとなる。

    地べたに生きる。必死に生きる。
    生きるも死ぬも全てが生理的なお話。

  • bookfaceciaoさん

    2012年一番はじめに読んだ本は『草野心平詩集』。ごびらっふの独白がお気に入りです。

  • 私にはやはり蛙の章が面白いように思う。

  • 草野心平の詩を読むと、高いところに登ったときのようなスッキリした気持ちになります。
    心の中でグチャグチャしていたものさえ、おいしく飲み干せてしまいそう。

  • 何となく眠れなくて何となく手にとった。

    ちょっと怖い感じが、眠れない夜にちょうどいい。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

草野 心平(くさの しんぺい)
1903年5月12日 - 1988年11月12日
福島県石城郡上小川村(現・いわき市小川町)出身の詩人。 1921年、中国・広東省広州の嶺南大学(現・中山大学)に留学し、詩作を開始。1925年帰国後、宮沢賢治らと同人誌「銅鑼」を創刊。1935年には、中原中也らと現代詩の同人誌『歴程』を創刊。1948年『定本 蛙』を中心とする一連の「蛙の詩」で読売文学賞(詩歌部門)、1969年『わが光太郎』で読売文学賞(評論・伝記部門)を受賞。1987年、文化勲章受章。1988年、没。
蛙をテーマにした詩作が多く、「蛙の詩人」という呼び名がある。

草野心平詩集 (岩波文庫)のその他の作品

草野心平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
J.L. ボルヘ...
ドストエフスキー
遠藤 周作
川端 康成
有効な右矢印 無効な右矢印

草野心平詩集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする