山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.06
  • (137)
  • (78)
  • (116)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 902
レビュー : 118
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003114513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったものを振り返ったら、李陵、弟子、名人伝、山月記、文字禍、悟浄出世、悟浄歎異、牛人と結構たくさんあった。

    中国古典に題材をとった話は人名も地名も覚えにくくて難儀したけれど、それぞれに、そういう風にしか生きられない男たちの熱い/哀しい生き様が描かれていて興味深かった。福原麟太郎風に言えば青年の文学。その中で読みやすかったのは世界音痴な沙悟浄が主人公の二編。作者ももっと書こうとしていたらしいし、続きが読みたかった。

    「牛人」は牛アンソロジーに入れたい引き締まった怪談。手に取った理由の「名人伝」は、えっそういう結末?これ笑っていい話?と面食らった。これに面食らっているのは俗物なのかもわからない。どうなんだ。

  • 再度この本を手にしたのは表題作ではなく、西遊記の沙悟浄が出家するまでを描いた作品「悟浄出生」「悟浄歎異」のため。中島敦はトラの話だけでなく、このような少し力を抜いた作品も合わせて読むと横浜育ちの本来の姿が見えるようである。

  • 大学生になって読むと高校の教科書ではなんの感想も抱かなかった山月記にこんなにも心が動かされるのか。
    ー己の場合、この尊大な羞恥心が猛獣だった。虎だったのだ。ー
    そう、虎というのはあくまで比喩であり、伝えるための手段として使われているのだ。言われてみれば自分の身の回りにもすでに虎になりかけていたり、あるいは他の動物になっていたりする人はいるのかも。
    いやー、実に簡潔明瞭な文。素晴らしい。

  • 山月記と李陵は期待どおり。
    西遊記シリーズも文章が面白かった。
    しかし、他の作品はいまいちというか、読み直しはしないだろうな。

    ・李陵
    ・弟子
    ・名人伝
    ・山月記
    ・文学禍
    ・悟浄出世
    ・悟浄歎異
    ・環礁
    ・牛人
    ・狼疾記
    ・斗南先生

  • 中学か高校の時に読んだけどとても面白かった記憶しかない。
    山月記・・・またよみたいなぁ

  • 高校時代に教科書で山月記を読んだのが出会い。
    それ以来気になっていて、大学時代に図書館で借りて読みました。
    漢文調でとっつきにくいイメージですが、人間の悲しさがよく伝わってきます。

  • 中島敦の文章には色気がありすぎる。
    西遊記の話はやっぱりはっとするなぁ。「この病気は一生治らない」

  • 漢文調の文体を読むのに一苦労。
    中国古典を基にした題材、南国の話、伯父の話と盛りだくさん。

  • 緑145-1 (2冊)

  • 笠提供。

    • PPS Libraryさん
      ”そんごくう”という天才と対峙する秀才”さごじょう”の苦悩が語られる。かなりおもーいテーマです。
      ”そんごくう”という天才と対峙する秀才”さごじょう”の苦悩が語られる。かなりおもーいテーマです。
      2008/07/18

著者プロフィール

中島敦

一九〇九年(明治四二)、東京・四谷に生まれる。三〇年、東京大学国文学科入学。三三年に卒業し、横浜高等女学校に国語科教師として就職。職の傍ら執筆活動に取り組み、「中央公論」の公募に応じた『虎狩』(一九三四)で作家としての地位を確立。四一年七月、パラオ南洋庁国語編修書記として赴任。持病の喘息と闘いつつ『山月記』『文字禍』『光と風と夢』等の傑作を書き上げる。四二年(昭和十七)、職を辞して作家生活に入ろうとしたが、喘息が重篤となり、同年十二月に夭折。

「2019年 『南洋通信 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)のその他の作品

中島敦の作品

ツイートする