摘録劉生日記 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003115121

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岸田劉生 大正9年から14年の絵日記。親しみを感じる文章。春陽会の活動、日常の出来事のほか 芸術論、創作のスランプ、関東大震災の虚脱感など その時の感情をストレートに記述。麗子は思ってたほど出てこない(あれだけ絵を描いてるのに)

    大正9年「無形の美、生きた感じを〜露骨に出したい」
    *美術の本領は 無形の美、物を再現するのは客にある
    *美術には写実以上のものがなくてはならない
    *物の中に宿る 深さ、無形
    *能面には全く打たれる〜徳川時代のものに生々しい生きた人のよう

    大正11年「仕事がおっくうになった〜こんなことをではいけない〜習慣が大切」
    *自分の仕事は〜もっと深いものを生む力を持っているはず〜その力を神に祈る
    *静かに一つ一ついい仕事を積んでいく、これが余の使命

    大正12年 関東大震災 「ああ今日は実に何という日であろうか。ただただ神に罪を謝し御守りを祈るのみである」
    *地震は美術家には不安を与えた。美術のはかなさも考えさせられる〜美術の価値は変わらない

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003115120
    ── 岸田 劉生/酒井 忠康・編《摘録・劉生日記 19980116 岩波文庫》
     

全3件中 1 - 3件を表示

岸田劉生の作品

ツイートする