林芙美子随筆集 (岩波文庫)

著者 : 林芙美子
制作 : 武藤 康史 
  • 岩波書店 (2003年2月14日発売)
4.17
  • (6)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 60人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003116913

作品紹介

『放浪記』『晩菊』をはじめ数かずの作品を二十余年の作家生活のうちに残した林芙美子。「随筆をかいている時は、私の一番愉しいことを現わしている時間です。古里へ戻ったような気持ちです。」苦しみの中にも明るさを失わない、その潔さは今も人々をひきつける。

林芙美子随筆集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろんな町を「ぽくぽく」歩く、芙美子さん。
    「ぽくぽく」と音を立てて歩いたことのなかった私は
    何か新鮮だった。
    淋しさや孤独を感じながら、なんとなく歩いていく雰囲気。

    「放浪記」が売れて、大金を手にした芙美子さんは
    実家にかなりの額のお金を送る。

    『「あッ!」と云う両親の声が東京まできこえて来たような気がした。』
    とある。

    この間岩波版「放浪記」を読み終えたばかりだったので
    私にもその声が聞こえたような気がした。

    途中に色々写真が入っていて、
    芙美子さんのお母さんも写っているのがある。

    この、優しそうな物静かそうな方があのお母さんかあ、と
    感慨深し、であった。

    幼い日木賃宿で一緒になった
    浪花節語りの雲花さんが印象深い。

    『美しいひとじゃなかったが、机を前にして、
    浴衣がけで語っている処はなかなか色気があって、
    子供心に大変好もしき姿だった。』

    離れても、芙美子さんと雲花さんは文通していた。

    その後あるとき、
    芙美子さん一家が居を四国の高松に移したあと、
    雲花さんが訪ねてくる。

    居候をさせてあげたが、
    雲花さんはじっとしてはおらず、
    裁縫したり、台所仕事をしたり、
    たまに浪花節語りでいくばくかのお金を集め、
    芙美子さんに小遣い銭をくれたりする。

    このように、
    私には困った時に親類とかではない友達を頼りに訪ねて行って、
    その友達側も、親身になる、
    と言う関係性が物語の中では目にするけれど、
    実際、本当にあるんだなあ、と実感し、憧れた。

    芙美子さんの文章は、
    ああ言った。こうした。そう思った。などなど
    なんとなくたどたどしいというか、一瞬拙さを感じるのだけど、
    実はそんなことはなく、
    じーっと心静かに読み進むと、
    非常に写実的な描写であり、
    風景や感情がそのまま甦ってくる、
    と言うことがわかる。

  • クスッと笑える表現、描写
    「ぽくぽく歩く」「ばさばさと飯を食べる」
    「あはあは笑う」


    なるほどーと納得してしまう表現
    「結婚しているひとたちの恋愛には交通巡査がいる」「ほろ酔いの人生」


    また読みたい

  • 林扶美子が好きな方から、最初に読むならこれがオススメ、と教えていただいた一冊。林扶美子のチャーミングな一面や、素朴で美しいものを好んだセンスの良さがうかがえて、とてもいい。「意外性のある言葉を組み合わせた表現が、詩人的」と聞いていたけど、うーん納得。
    小説も読んでみようと思う。

    以下は備忘録として抜粋
    ・花って本当に美しいものだと見とれてしまう。今度生まれ変わる時は花になって来たいものだ。花だったらどくだみだっていい。(164頁)
    ・旅をしていると、生まれて来た幸せを感じるほどだ。私は汽車へのると弁当をよく買う。木の匂いがして御飯もおかずも美味しい。汽車へ乗っていると、日頃の飽き飽きしていることが、いっぺんに吹き飛んでしまって、東京へ帰るときなどは、田舎女が初めて上京してきたようなそんな気持ちになり済ましているのだ。(165頁)
    ・食べ物は何でもたべるけれどまぐろの刺身が困る。好きなのはこのわたで熱い御飯だけど、このわたは高くて困る。お金が入ったら鼻血が出るほどたべてみたいと思う。(168頁)

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第一回目に紹介されたのは、林芙美子の随筆「朝御飯」に登場する
    トマトとピーナツバタのサンドイッチ。


    トマトをパンに挟む時は、
    パンの内側にピーナツバタを塗って召し上がれ。
    美味きこと天上に登る心地。




    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • 清廉とした文章に気持ちがスッとなる。

    電話がないから、会いたい人の元へアポをとらずに直接訪れる時代もいいなぁと思ったり。

  • 『放浪記』で有名な林芙美子の随筆集です。『放浪記』出版後一躍有名となり、次々と小説を出して忙しいさなかだった昭和10年前後のエピソードが集められています。(文末の解説より)

    まださわりしか読んでいませんが、日々の何気ない出来事や物思いをつづる表現が新鮮で、ドキドキします。

    「いい作品と云うものは一度読めば恋よりも憶い出が苦しい。」

    上は、才能がありながら病気のために遠くの故郷へ帰ってしまった
    小説家の友人を、林芙美子が思い返すくだりの一節。

    ドキリ、としませんか?

    こんなはっとするような言葉がちりばめられていて、
    今は宝探しをするように少しずつ読み進めています。

  • 「なににこがれて書くうたぞ」

全7件中 1 - 7件を表示

林芙美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トルーマン カポ...
村上 春樹
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

林芙美子随筆集 (岩波文庫)はこんな本です

林芙美子随筆集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする