江戸川乱歩作品集I 人でなしの恋・孤島の鬼 他 (岩波文庫)

制作 : 浜田 雄介 
  • 岩波書店
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003118146

作品紹介・あらすじ

日本探偵小説の開拓者にして第一人者であった江戸川乱歩の作品をテーマ別に精選する。第1巻は"愛のゆくえ"。臆病な愛。モダンな愛。裏切りの優しさと、優しさの酷薄。憧れの強さは殺意を生み、人を異形の存在に変える。「日記帳」「接吻」「人でなしの恋」「蟲」「孤島の鬼」の5篇を収録する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かけ違い、すれ違い。悲劇。目算違い……。そんな要素が共通して見受けられるように思う。ことにすれ違いに関しては、どうしても割り切れない、世にあっては当然かもしれないがそれがすべてであってはあまりにむごい、と言いたくなるものが強く感じられてしまう。
    乱歩氏は、世に何をみていたのだろう。一方から見れば拒絶のほかに選択肢がなくとも、もう一方からすればそれは、崖から突き落とされる絶望にほかならない。
    事件は片方の視点からしか語られていないけれども、もう片方の心情をしぜん受け取ってしまい、痛々しい、痛ましいとしかいえず立ち尽くす自分がいる。
    ちょっと引っかかる表現もあったが、それも含めて、なんだか考えさせられた。
    2018.7.8.

  • 「孤島の鬼」異形の者たちをめぐる奇妙な冒険小説。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルペンティエル
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする